fc2ブログ

乗鞍の余韻

夏は終わりを迎えているが、夏休みをいただいた。

でも、5時半に起きた。全身だるい。
心も体も使い古して伸びきったパンツのゴムのようだ。
昨日の自分と今日の自分。まるで別人。

うららかな月曜日。久しぶりだ。
通勤自転車で本屋に行く。立ち読み。
我慢してきたコーラとポテチを買って帰った。
まるで使い古して伸びきったパンツのゴムのような休日。
当てもなく生きていた25の自分が懐かしい。

昨日まであれだけ乗ったロードバイクが恋しかった。
心拍もケイデンスも気にせず乗った。
風が心地よかった。幸せだった。

白石峠に打ちのめされ、寝ても覚めても乗鞍で、
不安を打ち消すように乗っていた8月。
その結果が“乗鞍入賞”アンビリーバブル!!

次は?
富士山国際か、龍勢ヒルクライムが候補。
でも富士の前の週は、奥さんと北海道旅行の予定。
レースの予定なんかいれたら楽しめない。却下。
すると次回は11月。のんびり行こう~

さてさて、頭は仕事モードに切り替えないと。
スポンサーサイト



2007-08-27(Mon)
 

最悪の土曜日 最良の日曜日 in乗鞍

土曜日乗鞍に乗り込む。
人が多い。みんな自転車軍団。

宿は相部屋。これが悪夢の始まりだった。
8時半に布団に入った。しかし、2時まで一睡も出来なかった。
原因はいびき。凄すぎる。殺気すら覚えた(苦笑)

部屋から出て、程よいソファーを見つけた。
宿の人に怒られてもいいから、そこに布団持って行って寝た。
そこで2時間半寝られた。
疲れはないし、少し寝られたので気持ちも落ち着いた。

そして、運命のレース当日
さすがに朝は寒い。道路は車と自転車ばかり。
ろくにウォーミングアップ出来なかった。
クラス別の列はびっしりで待機していたのは後ろの方。

少しでも前でスタートしたかったので、移動にあわせて少しずつ前へ。
おかげでいい位置からスタートすることに成功。
前日、リストで美ヶ原のとき僕より少し速かった人をチェック。
運よくその人を発見し、最初の10キロは後ろにくっ付いていく。
ちょっとスピードと心拍が落ちてきたな~と思ったら、運よくもうちょっと速い人が抜いていく。
これまた付いていく。はっきり言って付いていくだけ。
ちょっと汚い(笑)

その間、落ちてきた数人を抜くことに成功。
順位もタイムも悪くない。いい感じで足も回る。

あっという間にラスト2キロ。
美ヶ原の失敗はしたくないので、ここで初めて前に出る。
付いて来られるかと思ったけど、振り返るといなかった。
あとは踏むだけ。苦しいけど、悔いは残したくないので踏んだ。

そしてゴール
タイムは1時間8分15秒。
泣きそうだった頑張ってきてホントに良かった。

070826_090703_M.jpg
070826_094633_M.jpg

下山したら、目標の人“コンドルさん”がいた。
「どうでしたか?」
「勝てました!」
何気ない言葉だけど、重みを感じた。
4000人のサイクリスト中でこの言葉を使えるのは彼一人。
彼のように速くなりたい

成績表を見たら、Bクラス7位だった
すげー嬉しかった。乗鞍で。信じられない。乗鞍で。

でも、もっと高く飛びたい
もっともっと彼のように

■走行距離 44㎞
2007-08-26(Sun)
 

さー、行こうか

乗鞍へ

緊張のせいか眠りが浅かった。眠い。
いつもは寝起きがつらいという事とは無縁の体質なのに。

2~3日前から右ひざと腰が痛い気がする。
お腹の調子も悪い気がする。(こっちは日常茶飯事なのだが)

スタートと共に置いていかれるイメージばかり頭をよぎる。
昨日見た夢は暑さに喘いで、3時間かかった夢だった。

正直、乗鞍にびびってる。
練習積んできただけに、びびってる。
早く終わって解放されたい心境。

美ヶ原のときとは明らかに違う。
かけてきたものが違う。乗鞍が怖い。

たかがお遊びの自転車なのに。
されど乗鞍

とにかく全力を尽くすのみ
怖くても前へ

さー、行こうか!
2007-08-25(Sat)
 

ふと、考えた

朝4時半から8時半までが涼しくて走りやすい。
日曜日も4時に起きて、江戸川に行った。

この時間、起きている人は少ない。
走りながら「こんな時間に起きて、自転車乗るなんて普通の人には理解されないな~」なんて思った(笑)

自分でも何で自転車こいでいるのか、ふと考えてみた。
1.純粋に楽しいから
2.ダイエットのため
3.誰より速く走りたいから、なにより坂を
そんなこと考えてたら朝日が昇ってきた

070812_053725.jpg

もうすぐ乗鞍だけど、今の自分に入賞できる力はない。
無いものを埋めようともがいたところでどうにもならない。

全国の坂バカが同じゴールを目指しひたすらペダルをこぐ。
そんなイベントに参加できることだけで幸せだ。
そんな坂バカ相手に自分がどこまで出来るか試してみたい。
そんなこと考えてたらワクワクしてきた!

ふと気がつくと、ペダルが軽くなっていた。
もっと負荷を、もっと速く、もっと強くなりたい
そんな気持ちが強くなった一日だった。

■走行距離 101㎞


今日は通勤のときロードバイク乗ってるおっちゃんを多く見かけた
やっぱりロードは速い。クロスバイクじゃ追いつけない。
やっぱりロードはかっこいい。やっぱりロードはおもしろい。
やっぱりロードっていいな~。

楽しくいこうそう思った。

■走行距離 20㎞
2007-08-13(Mon)
 

あぁ~険しき乗鞍への道・・・

4時に家を出る。外はまだ暗い。
乗鞍の前に自信をつけたかった。
白石峠ベストタイムを出したかった。
それだけの練習はしてきた。自信はあった。

でも、現実は違った。
その頂を見ることさえ出来なかった。

乗鞍まで2週間。調子は悪くない。
最初の2キロはかなり良かった。
確実にベストタイムで走っていた。

でも、あるコーナーで日陰から日向に出たとたん心が折れた。
「あれ、だめだ。暑い。まだ半分以上あるの」
「だめじゃない。乗鞍前にベスト出すんだろ?」
「そうだけど…。でも、もうだめだ。頑張れない、無理」
そんな感じだった。

初めて途中で止めた。
足は元気だったけど、頑張れなかった。
疲れてるのかもしれない。
8月に入ってからいつも、乗鞍の存在に無理やり自転車に乗らされているような感じだった。
今一番必要なトレーニングは自転車に乗らないことなのかもしれない。

「勘違いするな。お前の目標は30位以内に入ることでも、20位以内に入ることでもない。完走することだろ?ド素人のくせに。乗鞍完走できたら、また来いよ」
白石峠がそう言ってるような気がした。
ss.jpg


■走行距離 158㎞
2007-08-11(Sat)
 
プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ