fc2ブログ

騒動

どこかで目覚まし時計みたいな音が鳴っている。
なんて思っていたら、突然消防車だの救急車だのパトカーだの
しかも、うちのマンションだし…。

か、火事?
とりあえず野次馬根性丸出しで見に行く。
どうやら火災報知機が誤作動したらしい。
火事じゃなくてよかった

しかし、物々しかったな~。
あんなにいっぱい消防車って飛んでくるんだね
うちみたいな大型マンションが燃えたら相当ヤバいからね。
念には念をってとこでしょうか。

話しは変わるが。
赤城山の前日は仕事になりそう。
当日受付できるんだろうか?
しんぱーい

■走行距離 54キロ  ■体重 53.2キロ

■6月の走行距離 1620キロ
スポンサーサイト



2011-06-30(Thu)
 

心配

鳥海山は集中豪雨により被害を受けてしまい、
コース変更しての開催を模索しているようです。

前回とのタイムを比較することができないので残念ですが、
ヒルクラレースができれば、それで言うことないです。
どういう形になれ、開催してほしいですね。

■走行距離 56キロ  ■体重 53.8キロ
2011-06-29(Wed)
 

お天気

久しぶりに晴れたなー
日差しが暑い。痛い。

今日は流しで。
回すイメージなんだけど、まだクリートがしっくり来ない。
ちょっくら違うのかな。
また、イジってみるか。

あーあ。
暑いのは嫌だけど、ウキウキしてくるのはなぜだろう。
くわぁーどっか行ってやるぞー。

秋田の鳥海山が楽しみだな。
ちなみに夜行列車+鈍行列車の18きっぷ貧乏旅です
交通費は往復9,000円ってとこでしょうか。
そう考えると激安とまではいかないか。(僕の金銭感覚でですがね)
新幹線や飛行機を使える身分になるのはいつのことやら…。

ま、でも僕一人行くために交通費かけるくらいなら、
その浮いたお金で家族旅行でもしたほうがずっと有意義ですし。
じゃ、家族旅行に連れて行ってやるのかと聞かれると…

■走行距離 53キロ  ■体重 54.1キロ
2011-06-28(Tue)
 

体調不良

通勤用バイクのクリートの位置を少しいじったら、
前より力強く踏めるようになった。

霧雨の中、走る。
途中から胃腸系の調子が悪く、あれ~?という感じに。

前に走るMTBおっさん発見!
よし、目標にして、追い抜こう。
と頑張ってみたものの、意外と距離がつまらない。
ただのツーキニストではないかも

苦戦の末、抜いた。
が、当然のようにピッタリ付いてくる。
おそろしや~

いくら安価モデルとはいえ、MTBより重いってことはないだろう。
マシンの性能はこちらのほうがいいのに、一緒に走ってるってことは、
人間の性能の問題だろう…。

頑張ったお陰でフラフラ~
最後は頭痛が。
あ~、今日は体調悪いな…。

帰ってきて、パスタを食べたら回復した。
栄養が足りてない?
体重は変わってないので、そんなことはないと思うけど。

6月に入ってから心拍計がピクリとも言わなくなった。
電池を変えてみた。ダメ。
初期設定にしてみた。ダメ。
何日も装着して試してみた。ダメ。
いよいよパーツが壊れているらしい。
仕方がないので、通販で購入してみた。
ただ走るのも何かとお金がかかるな。。。

■走行距離 53キロ  ■体重 53.5キロ
2011-06-27(Mon)
 

気温とともに

気温とともにやる気も低下する傾向にあるらしい。
前日には走りに行こうと思っていたが、
外の気温にやる気がなくなってしまった。

こんなときは、寝る。籠る。
午前と夜にローラー2回。
こんなときもあるさぁ~

別府選手やりましたね。
素人は簡単にさすがと言って片付けてしまうけど、
さすがなんでしょう。役者が違う。

■走行距離 41キロ  ■体重 53.6キロ
2011-06-26(Sun)
 

涼しい

たまには涼しい日もいいもんだ。
予想していたほどの雨は降らず。

今週1週間はあまり使い物にならず、ダメダメだったので、
短時間でシャキッと終わらせようと、周回コース。

重いペダルを踏んでペース走。
横風が強くて、スピードには乗り切れず。

お昼はバイキング。
うまうま~
RIMG0096_SP0000.jpg

■走行距離 66キロ  ■体重 53.3キロ
2011-06-25(Sat)
 

減量生活

体重は53.2キロを記録。
そろそろ減量生活は、キープ生活に移行かな。

約2カ月で5キロの減量。
当初考えていたより、順調に体重を落とすことが出来た。
人それぞれダイエット方法があるけど、自分の場合はこんな感じ。

■朝食
1.最初にサラダボール一杯分のキャベツの千切りを食べる。(いわゆるキャベツダイエット)
2.お米は丼ぶり大盛りで食べていたのを、普通茶碗を普通盛りにした。

■昼食
1.お弁当を持っていっているが、おかずの量を半分に減らし、冷凍食品をやめて、
  大半は茹でた野菜と豆類にした。

■夕食
1.炭水化物は極力取らないようにした。
2.おかずの量も大きく減らして、残り物とかで間に合わせた。
3.感覚的には、腹八分目ではなく、四分目、五分目ぐらい。
  次の朝起きたとき、腹が減ってしょうがない状態になるようにした。

■総合
1.一日食べる量を10とした場合、朝4、昼3、練習前または練習中1、晩2とこんなイメージ。
2.コーラ、マック、腹いっぱい食べること。この3つをやめた。
3.夜お腹が減ってしょうがないときは、温かいコーヒー・お茶をがぶ飲みした。
4.朝起きたときと夜お風呂に入る前、一日2回は必ず体重計に乗った。
5.トレーニング帳とカレンダーにその日の体重を書き込んで、毎日意識づけた。
6.トレーニング前とトレーニング中はしっかり食べた。
  空腹で無理をしてもロクなことはないから。
7.スーパーに買い物に行くときは、買うものを決めてから行く。
  そして、それ以外のものは買わない。それ以外のコーナーにも立ち寄らないこと。
  当然、お菓子も持たず、買わず、もちこませず。
8.お肉が食べたくなったら迷わず食べる。パスタが食べたかったら食べる。
  体と能が欲するものを食べる。
9.たんぱく質を積極的に取る。納豆は大好物なため毎朝食べた。夜もご飯抜き納豆を食べることも。
10.プロテインはお腹にきやすい体質なので、それほど飲んでいなかったが、
  比較的強度の高い練習をしたときは飲んだ。
11.要は【摂取カロリー】 < 【消費カロリー】。一日単位ではうまく落ちないときもあるが、
  長い目で見れば必ず体重は落ちる。そう信じて疑わなかった。
  余計なことは考えない。ひたすら信じること。これが結構重要
12.無理はしない。一日単位ではなく、一週間単位ではなく、一ヶ月単位で物事を考えるようにした。
  一ヶ月続けるためには無理は禁物。ヒルクライムと同じ。自分のペースが大事。
  どうしても食べたくなったら食べる。もう少し頑張れそうでも頑張らない。
  十分達成できる数字を目標にして、心に余裕を持って、淡々と続けることを心がけた。

ざっとこんな感じです。
中には、科学的根拠のないこと、誤った方法などあるかもしれません。
ほんの一サンプルとして、何かの参考になればと。
数年後、これを読んで、自分が参考にしているかもしれませんが(笑)

■走行距離 30キロ  ■体重 53.2キロ
2011-06-24(Fri)
 

引きずってる?

今週は一言、「疲れている」。
睡眠時間はそれなりにとっているのに眠い。
レースに出るには、準備期間が短すぎたかなぁ
これまでに感じたことがないくらいのダメージだったし。

体が軽くなって動ける度が高くなって、
それなりにパワーが出せるようになったけど、
その力に体がまだついて行けない状態

今日も結翔が寝るのに合わせて、布団で寝転んだら寝ていた。
1時間ぐらいで起きたけど、メチャメチャ眠くて、
頭が正常に戻るまで1時間以上かかってしまった。

こんなときはとことん休んだほうがいいのだろうか。
でも、とことん行ったら二度と戻ってこれないような

今週の土日も雨か
早くスッキリした夏になってほしい。

■走行距離 53キロ  ■体重 53.5キロ
2011-06-23(Thu)
 

今年一番の暑さかと思うくらいの日差し。
朝の通勤から暑くて、今年初の半そでで行った。

帰りもムシムシで、昨日のような豪雨が今日もあるんじゃないかと
頭を過ったがそんなことはなく、穏やかな一日。

今日から第2ステージスタート。
距離も走って、負荷も上げて。
レースに向けた練習していきます。
次の目標はMt.鳥海だね。
今度は層の厚い30代Cクラス。
20位以内を目標にします!!

■走行距離 61キロ  ■体重 53.8キロ
2011-06-22(Wed)
 

モンスター

北に向かって走っていたら、すごい雲が出来ていて、
雷が鳴っていて、一面異常なほど煙がたったように白かった。

アフリカの人が雨が見える。
テレビでそんな話をしていたことを思い出した。

そのまま突入。
が、白い空間が目の前まで迫ってきた瞬間、大粒の雨が。
「こりゃいかん」とくるっとひき返す。

こうなりゃ雷様と競争だと頑張って逃げる。
そして、ちょうどよくトンネルがあったので、身を隠す。
と、とたんに猛烈な風と恐ろしいほどの雨。
1分でも遅れたら大変なことになっていた
これぞ間一髪。

しばらく雨宿り。
こんな雨じゃ絶対に走れない。
前も見えるわけもなく。
バイクに乗ったあんちゃんも逃げ込んできて、しばしご歓談(笑)

雨が弱くなったところで帰宅。
今日のはモンスター級だった。

■走行距離 57キロ  ■体重 54.3キロ
2011-06-21(Tue)
 

パパの日

昨日は父の日となる日だったらしいけど、
今日はパパの日です

ここんとこ好きなようにやらせてもらっていて、
しかも2日間も留守にして、自転車ばかりじゃあれだからね

夢と魔法の王国。
東京ディズニーランド。
RIMG0081_SP0000.jpg

息子はまだまだ小さいので乗れるアトラクションも限定されてしまうけど、
それはそれで結構楽しめました

さすがに疲れもあって、イッツ・ア・スモールワールドで記憶が飛んでいましたが
そう言えば元サッカー選手の北澤さんがいましたよ。

レースの疲れはぜんぜん取れていないので、完全休養。
ペダルの一こぎもしませんでした。
明日からまた鳥海にむけて頑張って行きます
2011-06-20(Mon)
 

ツールド美ヶ原 2011

久々のレース。
10時に寝たが、緊張のせいで5~6回起きてしまった。
寝ていても気が気じゃない、そんな状態。

5時前にホテルを出て、会場へ。
その後いろいろ準備して、アップ開始。
激坂対策として、いつも以上に走り込んでおく。

走っていると、前輪の空気が抜けている。
「え?パンク??換えのタイヤ荷物の中に入れて預けちゃったよ…」とパニクったが、
ダメ元で空気を入れなおしてみると、しっかり入ったので助かった。
単にバルブの閉めが甘く、漏れていたみたい。

スタート30分前には整列しておくが、緊張のためかトイレが近い。
したいような出ないような、でも落ち着かないから行っておくかと。
とにかく久々のレースにビビってたな

僕のグループは男子Bの後半グループ。
3列目あたりからのスタート。
出だしはクリートも一発でハマりいい感じ。

右折後、坂の区間に入ると10人くらいが前に出始めて、少し距離が出来る。
ここはしっかり前のグループに入っておかなければ始まらないので、加速してさらに前のほうへ。
激坂区間スタートすると、少しペースが落ちてきたので、集団の前のほうへ出た。
もっとも傾斜があるところもダンシングで乗り切り、3番手で通過したときは意外といいかもと自信になった。

激坂区間を自分が思っていた以上の順位で来てしまったのでビックリしたけど、やっぱり足に少しきていたのでペースを少し落とした。
その後二人に抜かれて、美鈴湖を通過。
平坦なところで、前の人に追い付いて、そこからツキイチ。
自分のペースより速くて、これは千切れるかもと弱気になりながらも、
ここで付けないようじゃ終わりだよと言い聞かせて、頑張ってみる。

でも、やっぱりきつくてこのままじゃ完走すらヤバいかもと悩んでいたが、
勾配が緩くなったとこで少し余裕が出来たので、前に出てみるとそのまま後がいなくなった。
当然ついてくると思っていたので調子抜け。僕以上に無理して走っていたのかな?

ここからは単独走。ゴールまで同グループの人に会うことはなかった。
8キロ地点で早くも右ふくらはぎが攣りそうな張りあり。
レースに堪えうる体はまだ出来てないな~と痛感したけど、何とか誤魔化しながら。
そこからは本当にヨレヨレで。
前のことより、後ろから誰か上がってくるんじゃないかと弱気。

15キロ当たりにはスタミナもパワーも売り切れ状態で、
完走できるかなと本当に不安で、ファイナルローの多用というか、それでしか坂が上がれない。
もはやレースじゃなくて、完走目的に切り替わっていた…

最後は下り区間もあって、これで助けられながら、ゴール。
20キロ以上の上りなんて本当に久しぶりで、体は限界を超えていた。
自転車に乗って初めての経験だったが、腰が痛くて、痛くて。。
立っていられないくらい。
ポジションに問題があるのか、筋力に問題があるのか、原因不明だが、とにかく痛い。
相当体を酷使したんだな~と。
DSCF0075_SP0000.jpg

結果 タイム:1時間14分10秒 順位:12位

正直もう少しやれると期待していたんだけど。
レースできる体作りは出来ていなかったってことでしょう。
1ヵ月半しか練習してないで、よくここまでもっと来られたってことで良しとしておこう。

ま、8キロ以降のタレっぷりを考えたら、よくこのタイムで走れたなというとこですかね。
前回より3分以上短縮できたので、一応成長したということにしておこう。

これからは、減量メインから強度の高い練習方法に変えてこう。
そうしないとレースじゃ走れない。
やっぱりレースは出てみないと分からないことたくさんあります。
しっかし、体のダメージが半端ない。
いろんなとこが痛くて、辛くて、しんどくて。

総括。
あ~、ヒルクライムレースっておもしろい
2011-06-19(Sun)
 

ツールド美ヶ原 前日

松本まで何かと時間がかかりそうなので、6時半に家を出る。
まずは電車で実家まで。
荷物が多くて、大変

2時間ぐらいで実家に到着。
電車だけ乗っている時間を見ると、1時間ちょいで行けそうなもんだが、
やっぱり結果的にはいつも2時間かかってしまう。

そこから車を借りて松本へ。
中央は混んでいそうなので、関越まわり。
高速は比較的走れたが、松本に入ってからが時間かかった。
結局着いたのは2時くらい。

DSCF0065_SP0000.jpg
受付を済ませた後は、激坂を体感しておくかと、試走。
走った印象は「こんなもんだったっけ?」という感じ。
意外にも激坂に感じなかった。
調子がいい証拠?なのか。
少しだけ自信になった。

激坂区間を過ぎたあたりから雨が降り出したので退散。
車に戻るまでに結構濡れてしまった。

夜は駅前のビジネスホテルで一泊。
どんな結果が待ち受けていることやら。

■走行距離 約10キロ(計測せず)  ■体重 53.4キロ
2011-06-18(Sat)
 

準備万端?

最後の練習の前に、出発の準備で力尽きる。
あれもこれもしなくちゃで、事前に準備しておけばいいものの。
直前にならないと気合が入らないタイプな者で。

こんなことがあったらどうしようとか、
あんな事態になったらどうしようとか、
雨がざあざあだったらどうしようとか、
久しぶりのレースなもんで、何とかなるっしょでは割りきれない。

荷物多いな~

■走行距離 30キロ  ■体重 53.4キロ
2011-06-17(Fri)
 

そろそろツールド美ヶ原

近づいてきたなー
おら、ワクワクしてきたぞっ
って、気分。

今日は帰りに大雨に打たれて。
仕方がないので、家で大人しくローラー。
でも、こういうときのローラーはよい。
余計なことを考えなくてもいいし、集中できる。
いい汗かけた

■走行距離 56キロ  ■体重 53.6キロ
2011-06-16(Thu)
 

復調気味?

昨日はしっかり寝た。
朝は良い感じのお目覚め

自転車に乗ると。
んーーー。
調子が少し悪いような。
キレがないというのか。
すぐにいっぱいいっぱいになってしまうし。
また、走り込めば調子出てくるのかな。

我慢。我慢。

■走行距離 53キロ  ■体重 54.2キロ
2011-06-15(Wed)
 

なぜだか

予定では走るはずだったのだが…
眠気と疲れを感じて。
これまでの疲れが出ているのかな~。

練習したい気持ちも残っていたけど、
疲れがあってはどうにもならないので。

子供と一緒に就寝。
3時間寝たら、少しスッキリした。
まだ、眠気が残っているけどね。

んー。今日は少し食べすぎちゃったかな。
こんな日は軽めにしておかないといけないね。
明日の計量が怖いな
お腹にお肉も感じるし。

■走行距離 28キロ  ■体重 53.7キロ
2011-06-14(Tue)
 

休息

仕事で帰りが遅かったせいもあって、今日は休息日。
帰ってきて、ヒルクライム用スペシャルバイクの整備。
ちょっとだけ試し乗り。

持ったときは軽いけど、走りは軽く感じなかった
軽いことが影響して、伸びがないというのかなんというか。
上りになったら、また別のバイクになるのかもしれないけどね。

■走行距離 32キロ  ■体重 53.4キロ
2011-06-13(Mon)
 

ここまで来たか

美ヶ原前の最後の上り練習。
いつもの不動峠。
タイムを計るか迷ったが、前回の感覚では頑張れば12分台が出そうな手ごたえがあったので、
しっかりと計測しておくのも大事とやれるとこまでやってみた。

前半はいい感じでスピードに乗る。
後半は思っていたよりも早くやばくなる。
「あれれ?意外とダメかも…」
それから少しすると、気持ち悪さが出てきて、行けなくなった。

それでも、ここからでも持ち直せば12分台出るはずと何とか頑張る。
ペース配分を完全に間違えた感はあるが、何とか到着。
12分37秒。
おお、やっぱり出た

2カ月前と比べれば、パワー、スピード、スタミナ、すべて別人というくらい力がついてきた。
自分でも走れるようになってきたなーと感じるくらいだから、大分成長しているんだろう。
ま、レースできるレベルになっているかは別だけど。


帰ってきて体重測定。瞬間的なものだけど。
RIMG0014_SP0000.jpg
ここまで来れた。実に久しぶり。一応、記念撮影。

ついでに決戦バイクも計測。
6.8キロ。軽い。
こちらはプロ並み。
言い訳するところなし

■走行距離 138キロ  ■体重 53.5キロ
2011-06-12(Sun)
 

決戦ホイール

予報通りの雨。
午後からは雨は止むらしいから、午前中はおとなしくしていた。

雨は小ぶりなのでお散歩~
RIMG0007_SP0000.jpg

お昼は回転寿司。
何皿食べたかな?
胃が小さくなったせいで10皿も食べられなくなった。
前だったら、がっついて食べていたのに。

3時過ぎから走りだす。
この時間からだから、関宿城へ。
速い人に抜かれる。
自分より速い人は嫌になるくらい、たくさんいる

悔しいので、10m後をついていく。
向こうは淡々と走っているように見えるが、
こっちは必死の形相だ
お別れする橋まで何とか付いて行けた。

帰りも速い人に抜かれる…。
こちらも悔しいので付いていく。
そのうち余裕が出てきたので前をひく。
いい練習が出来た。

ベルニーニ(コンポ:カンパ)時代に買ったジップのホイール。
アディクトになって、シマノに換えていたので、使う機会がなくなり、宝の持ち腐れ。
もったいないのでワイズでフリーボディを交換してもらった。
RIMG0012_SP0000.jpg

よーし、これで美ヶ原は万全だ(機材だけはね

■走行距離 62キロ  ■体重 53.9キロ
2011-06-11(Sat)
 

ステム

こんな時期だが、ステムを変えた。
これまでのは完成車(オルベア)についてきた220グラムのもの。
せっかくやってきたんだからと、今回軽量化に踏み切った。
買おうかやめようか悩みに悩んで1年以上考えていたような。
ようやくそれだけの価値があるところまで来れたということかな。

シマノプロ PLT アヘッド A
1160000000052.png
本当はリッチーがいいんだけど。
値段もリッチーで…

コストパフォーマンスで行くとやっぱりシマノ。
125グラムと軽量だしね。
さすがはシマノで実測したら、ちゃんと125グラムだった

昨日寝たおかげで今日はやる気に充ち溢れていた。
いつもより長めで。
しかも、結構パワフルに行けました

練習後の体重は53.4キロ。
おっ、なかなかいいんでないかい!

■走行距離 77キロ  ■体重 54.3キロ
2011-06-11(Sat)
 

休養

帰ってきたら、眠くて、たまらず睡眠。
21~24時の3時間。
少しスッキリしたかな。

食欲も出てきて、ちょっと抑えが効きにくい。
これまでの疲れから、体が欲しているんだろう。
今日は少し休養でした。

減量1ヵ月で4キロ減。
順調に進んでいる。
あまり高望しすぎないで、たまには息抜きもいいじゃないかと。
今日は大盛り焼きそばを食べた。
これが習慣化しないように気をつけないといけないけどね。
とりあえずは3食しっかり食べても53キロ前後で
落ち着けるようなところまで早く持っていきたい。

日々の地道な努力が威力を発揮する。
ダイエットにはこれがモロ当てはまるね。

■走行距離 41キロ  ■体重 54.3キロ
2011-06-09(Thu)
 

これからの時代

親として。
これからの世代を担う子どもたちは何を身に付け、何を習得しておく必要があるだろう。
と、ときたま考えることがある。

曲がりなりにも親であるので、少しでも子どものためになることをと一応は考える。
読み、書き、そろばん?
21世紀は、英語・IT・財務なんてことも言われている。

英検も最年少は3歳で合格しているらしい。
ちなみに僕は5級すらもっていない…

英語か。
小学生でも授業に組み入れられているとか。
早期に始めれば始めるほど効率的とも聞く。
少しずつ教えていってみようかな。

それとやっぱり財務かな。
別に簿記は必須とは思わないけど、
賢いお金の扱いができる大人になってもらいたい。
手始めに子どもの口座でも開設しておこう。

今のうちから遺産相続対策~
そんな金どこにあるんだ??
資産は20年後出来る (そう、信じることが大事 笑)

なーんて勝手な夢は広がるが如何せん幼児教育となると疎い。
気が付いたときは幼児を卒業していたなんて後悔はしないように、
とりあえずそれ系の本でも読みあさってみます。

■走行距離 53キロ  ■体重 54.3キロ
2011-06-08(Wed)
 

夕日に向かって

夕日に向かって走る。
P1010034_SP0000.jpg

少し疲れを感じるのでLSD。
昨日は追い風40キロで走ったが、今日は30~35ぐらい。

あまり食べた気はしないが、体がポヨンポヨンしてる。
なぜだ??
体重は落ちてきているが、レースレベルからは程遠い気も。

ウツクシの激坂にビビっている。
あそこはビックリするくらい激坂だし。
前日試走すると、ショックを受けるもんな。
こんなきついのかと。
冗談でしょ?と。

四年前の自分との勝負だな。と思っている。
1時間17分 19位。
順位は相手のあることだからしょうがないが、タイムは超えたい。
さてさて、どんな結果が出ますかね

■走行距離 53キロ  ■体重 53.9キロ
2011-06-07(Tue)
 

ちょっとずつ気温が高くなってきた。
どんどん夏になっていくな。

激坂対策として、パワートレーニング。
モモが筋肉痛。
最後はたれてしまった。

■走行距離 53キロ  ■体重 54.2キロ
2011-06-06(Mon)
 

江戸川

いつもの江戸川。
一週間のうち5日くらいは江戸川に行ってるんじゃないかと。

三郷→関宿城→野田橋

前半は10キロくらい頑張ったが。
後ろにピッタリついてくる人がいたんで、
頑張ったというか、頑張らされたというか

でも、途中でパンク。
実に久しぶりのパンクだった。
練習しなくなって何が遅くなったって、パンクの修理。
前だったら頭で考えなくても体が勝手に動いたものだが、今は全然ダメ。
ちんたらちんたら遅いこと遅いこと。
お陰で気持ちが切れてしまった。

その後はLSDで。
疲れも溜まっていたし、ま、いいやね。

■走行距離 74キロ  ■体重 53.6キロ
2011-06-05(Sun)
 

不動峠

久しぶりに不動峠。
3本上った。
1、2本目はゆっくりと。
呼吸を整えながら、筋力を使わない程度に回していった。

前回より体重は3キロほど落ちている。
違いは感じられるのかなと坂に突入してみたら、
ペダルがものすごい軽くてビックリした。
あぁ、体重って大事なんだなと(笑)

クルクル回せてケイデンス75ぐらいで。
ここまで回せた記憶がない。
いつも60台だっだしね。

3本目は頑張り気味に。
息を切らさないで行こうとしたが、なかなか…。
モモにも乳酸たまってきて。
それでも途中ケイデンス90以上を記録。
ヒルクライムで90って見たことなかったので正直驚いた。
自分でもよく足まわってるなーと感心しながら。

最後はタレタレで、ゴール。
タイムは13分半。
全然ダメじゃんと落ち込んだが、帰ってきて確認したら、
僕のベストタイムと大して変わらなかった。
ん?あの出来でほぼベストタイム?
これっていい感じで来てるってことか?
なーんて勘違いしておこう。

それにしても体重が軽くなって、ペダルも軽かったなぁ。
こんなに違うものなんだね。
ビックリだ。

心拍計が作動しない一日でデータが取れなかったので、それだけが残念。
感覚的にそこまで心拍は上がっていないように思えた。

帰ってきたときの体重53.6キロ。
久々に見たぞ53キロ。
瞬間的なもんだけど、素直に嬉しい。
明日の朝の計量には元に戻ってる予感もするが

■走行距離 155キロ  ■体重 54.8キロ
2011-06-04(Sat)
 

ピナ

ここ数日、朝の通勤中にピナレロに乗った人と一緒になることがある。
ギアを一番重いのに固定して、35キロぐらいで走行。
トレーニング?の割にベタ踏みなので、僕が言うのもあれだけど素人さんなんだろう。

フラぺにベタ踏み(失礼)なのに、筋肉はしっかりついているし、
ただのツーキニストにしちゃ速いので、練習したらいい線行くんじゃないかと密かに感じていた。

とそんなこんなことを考えながら会社に到着。
駐輪場に自転車をとめていたら…。
なんとピナレロ氏が
おぉ、同じ会社の人だったのかっ
僕より年下かも。

またしても、ローディー増殖中。
それにしてもピナレロか。
ピナレロ選んで来るとはなかなかやるのう。
『僕もいつかはピナレロを』合言葉に今日もオルベアで駆ける。

■走行距離 34キロ  ■体重 54.8キロ


2011-06-03(Fri)
 

また雨だ
雨を心配しない日はないくらい雨ばっかりだな。
早く夏が来てくれないかな。
暑いのは嫌だけどね

今日は疲れが溜まっていた。
通勤もかったるい。
雨だとなおさら。

明日は練習できないだろうからと、
少しローラーをする。
いわゆる気休めの練習。
こういうときは思い切って休むべきか、
少しでもいいので練習するべきか、いつも悩む。
悩んでなんぼ。
思考錯誤だね。

■走行距離 44キロ  ■体重 54.5キロ
2011-06-02(Thu)
 

ここから

さーて、気がつきゃもう6月ですね。
そろそろやらなあかんです。

今年はやれそうな気がします。
成績はどうかは知りませんが、気力があるように思います。
少なくともスタートラインに立つ覚悟ができました。

今年の予定。
 6月19日 ツールド美ヶ原
 7月24日 Mt.鳥海バイシクルクラシック
 8月28日 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
 9月11日 まえばし赤城山ヒルクライム大会
11月13日 龍勢ヒルクライム

がんばります!

■走行距離 53キロ  ■体重 54.4キロ
2011-06-01(Wed)
 
プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ