fc2ブログ

我慢

今日も筑波山。体が疲れている。
TTとか無理だし、白滝も走る気しない。
不動峠という気分でもないし、どうしようかなと
考えているうちに、白滝の入口に来ていた。

やれるだけやってみるかとタレないように
気をつけながら踏んでいく。
20分58秒。
我慢、我慢でまずまずの走り。

りんりんロード。


早くも足がこんがり焼けてきた。
これからは暑さとの戦いかな。

ヒルクライムチャレンジシリーズはやはり終了ですね。
甘利山が離脱した時点でそうじゃないかと思っていましたが。
レースの濃さは走る選手が創り出すものだけど、
イベントとして成功させるにはそれだけじゃダメですね。
いかに人を呼べるか、ワクワク感を与えられるか。

レースしたいではなく、祭に参加したい。
ここですね、大事なのは。

■走行距離 119キロ  ■体重 51.4キロ
スポンサーサイト



2015-05-31(Sun)
 

筑波トレ

今週2度目の筑波山。
白滝線は昨日の雨でコケでツルツルだろうから回避。
筑波山口のバス停から、赤鳥居を横目に見て、つつじヶ丘まで。
262W。程よい出力で上れた。

ツルツクコースを逆走してから、不動峠を上る。
11分22秒。う~ん。10分台出ないね。
走っていてもスピードを感じないから、
もっとパワーで踏んでいかないとな。

イメージはコンタドールの走りなんだけど、
コンタドール並みにダンシング多用すると
疲れちゃうし、あんなに躍動感あふれる
ダンシングは出来ない。

しかも、コンタドールは練習で50分450W。体重は63キロ。
7倍以上ってあり得ない数値だね…。

茨城の田んぼ。美しい。
20150530232255980.jpg
癒されるな~。

5月に入ってから、不動峠も賑わってきたね。
僕も頑張らねばな。

■走行距離 132キロ  ■体重 52.2キロ
2015-05-30(Sat)
 

夜泣き

次男が夜寝ていても、
すぐに起きて泣いている。
これはいわゆる夜泣きか?

僕なんて泣いていても気がつかないので
それがいいのか悪いのかは別にして
奥さんは大変である。

■走行距離 28キロ  ■体重 51.5キロ
2015-05-29(Fri)
 

筑波山

筑波山でトレーニング。
白滝線。ガツンと行くが、ガツンと行きすぎて
半分走ったところで、あえなく頓死。
10分40秒 77rpm 302W

上まで走って、また下って、湯袋。
232Wでじっくりと25分。
20150528225650463.jpg

帰りはジワジワ気温が上がってきて、
そろそろ夏は近いね。

■走行距離 148キロ  ■体重 52.5キロ
2015-05-28(Thu)
 

反動

5月上旬の調子の良さから反転、
5月下旬は調子の悪い日が続く。
また、どこかで反転するはずだから、
じっと我慢で続けることだね。

■走行距離 28キロ  ■体重 52.1キロ
2015-05-27(Wed)
 

あの頃

江戸川。
20150526223705487.jpg
震災があったあの年、よく通った場所。
久しぶりに通った。

あの頃の状況や考えていたことや、
いろんなことを思い出した。

仕事、試験、病気、子育て、
いろんなことがうまく行かずにもがいていた。
そして、何より自転車をやっていない自分が大嫌いだった。

それを考えれば、今はかなり幸せだ
自転車をやらせてもらえてることに感謝です。ホントに。

■走行距離 54キロ  ■体重 51.7キロ
2015-05-26(Tue)
 

ストロング×3本

10万円ずつ投入した株を久々にチェックしたら、
1万円と4万円になってましたね
バリュー株見つけたって思ってたら、
もっとバリュー価格になっておりました。
株って怖いです

15万円あったら何が出来たかな~
固定資産税12万円払えたな~(切実

そんな訳で、賢明なる投資家になれない僕ですが、
今は「東電」に全力投入しています。
株価下がっていったら、あいつ損したなと笑ってやってください。
間違っても「東電来るのか!」とか惑わされないように(いないか、そんな人)

さ、練習!

ローラー練習。
クリスクロス20分
L5×3分(304W、303W、305W)
計60分。


■走行距離 55キロ  ■体重 52.1キロ
2015-05-25(Mon)
 

風邪

のどが痛いし、咳が出て。
おまけに帰りは頭痛まで現れる始末。

変な時期に風邪ひいたな。
モチベーションダウンで、もう寝る。

■走行距離 28キロ  ■体重 51.5キロ
2015-05-24(Sun)
 

腹痛

6時出発。行先は筑波山。
スタート後、程なく腹痛。ずーっと腹痛
帰ろうかな?いや、走るだけ走るか。

白滝線は行っても練習にならないと思い、
距離の短い不動峠に行く。
L4で行けば、お腹の痛みは少ない。
やれるだけやってみる。
3キロでタレる。
ギアを一枚落とす。
落としたらタイム出せないけど、回せないから仕方ない。
タイムは11分20秒。

ツルつくでは、トップ集団は10分半で行くんだったかな。
練習でも、せめて11分ジャストで行けるようにしたいもんです。

下ってから、また不動を上って、つつじヶ丘まで。
じっくりと(たらたらとも言う)200Wぐらいで。
ペダルこぐごとに腹が痛くて、退散。
帰りは少し復調したので良かった。

夜は手巻き。奥さん誕生日会。
20150523221850920.jpg
なぜか赤ちゃん大興奮。

■走行距離 131キロ  ■体重 53.0キロ
2015-05-23(Sat)
 

飲み会

今日は職場の飲み会。
完全ノーライド。
食べ過ぎた。

TOJ。
イランは何故こんなにも強いのか。
日本人トップと4分差。
まるで話にならない。

彼らのボトルが真水だとしたら、
このギャップを埋められるのだろうか。
にしても、ここまで実力に差があるとはな。

■体重 51.6キロ
2015-05-22(Fri)
 

ダメージ

一昨日やったクリスクロスのダメージで足とか背中とかが痛い。
短い時間で負荷を変えていくので飽きないのでいいけど、
その反面、体へのダメージは一定走よりもある。

そんな訳で、今日は踏んでも250W出るか出ないかの状況。
こうなると気分も上がらず、ワットも下がり、ぐだぐだ。
仕方がないから、途中でL5を入れてみたり。
30分だけでローラー終了。

今年漠然と思っているのは、L4未満の走りを増やして、
しばらく忘れていた距離も大事にして、乗り込んでみたい。
シンプルにたくさん乗るって方法。
一周回って元に戻ってきた。

でも、たくさんって、たくさん乗る時間あるのか?
そもそも時間がとれないからこそ短時間高強度の
ローラートレーニングをしてきたんじゃないのかと。
そうだった…。忘れてた。

でも、僕は子供が生まれて、自転車が速くなった。
制約が増えた分、練習方法を考えるようにもなったし、
時間を大事にするようになったのかもしれない。

たぶん、方法は一つじゃない。
真似することも大事、でも、人と同じこととしててもダメ。
平均的なトレーニングは、平均的なパフォーマンスしか生み出さない。
突き抜けていかないと。

さて。どこに話を持って行こうか分からなくなっているのでやめようかな(笑)
2015-05-21(Thu)
 

美談

オリカのクラークがスカイのポートを助けるか。
2分失って、レース的には痛すぎるけど、
得たものも大きいじゃないかな。
良い話だね。

今後のレーススケジュールなんて考えてたりするわけだけど、
めずらしく奥さんの了解が得られずにあれれな状況。
いや、そもそもレース入れ過ぎって言うのはある。
その自覚も十分にあるわけで

OKしないね、普通は。
当たり前の話なわけで。
夫として、父として、ま、ないね。

CARBONEXに乗り換えてから、乗れている感覚があって、
それを実践で試してみたい願望が強いのが原因。
家庭と自転車のバランスを気をつけているけど、
それって自転車の比重が重くなり過ぎないように気をつけようって話。
今年は自転車に偏ってしまっている状態を抑えきれないみたい…
2015-05-20(Wed)
 

クリスクロス20分×2本

ローラー練習。
クリスクロス20分×2本。
20150519.jpg
30秒312W・2分250W 目標値を下回らないように。
計60分。


5月だというのに、暑くて意識が朦朧としてくる。
2本目は窓を開けてやった。

■走行距離 56キロ  ■体重 51.8キロ
2015-05-19(Tue)
 

通勤車整備

今週もまだ日中眠くなる。
眠い眠い病は引き続き。

家に帰って、スローパンクな通勤車のチューブ交換。
ついでにブレーキシューも交換。

明日は雨通勤だな。

■走行距離 28キロ  ■体重 51.4キロ

2015-05-18(Mon)
 

ハルヒル

たしか今日はハルヒルだったな~。
そんな熱いレースとは関係なく、こちらはのどかな日。


ブルーハワイあるある


また、夕方から江戸川CR。
行きは向かい風、帰りはもっと向かい風。
一番練習になる時間帯だったらしい…

■走行距離 58キロ  ■体重 51.5キロ
2015-05-17(Sun)
 

豆とごぼうが主役

5時前に起床。
車坂峠ヒルクライムの参加賞としていただいた
豆とごぼうが主役のカレーを食べる。

普段、イオンで買う70円くらいのレトルトカレーとは全然違い(当たり前)
具沢山でまた食べたくなるほど美味しかったです。

さて、外走りに行くかと思ったら、雨
あ、そういえば雨降るって言ってたか…。
そして、また、寝る。

夕方。天気も回復してきたので江戸川CRへ。
先週の好調はどこへやら、どうも体調不良な状態で、
ふらふら、ふわふわ走る。
帰りは向かい風でL3で少し刺激を与える。

しばらくは自転車の割合を落としておこうかな。
メリハリは大事だし、やるべきときにやれるように
環境を整えておくことも練習と同じくらい大事。

次のターゲットレースは、6・28 ツールド美ヶ原。
誰が来るかは分からないけど、「おっ!」と思わせるような
結果を狙っていきたい。
2015-05-16(Sat)
 

20分266W

別にトレーニングなんてしていないのに、
筋肉のハリがとれない。
ある程度、疲れを感じているほうが体調はいいのかな。

久しぶりなローラー。60分。
20分 85rpm 266W 5.15倍
ゼイハアしないレベル。
このくらいなら、呼吸は乱れない。
冬から成長はしている。

■走行距離 54キロ  ■体重 51.7キロ
2015-05-15(Fri)
 

眠い病

一日中眠い。
しかも、火曜日からずっと。
GWと車坂の反動なんでしょうか。
この眠い眠い病、本当にまいるね。

■走行距離 28キロ  ■体重 51.4キロ
2015-05-14(Thu)
 

気分はリカバリー

当面レースも予定していないので、
どうも心が開放されてしまったらしい。
ま、やる気が湧いてこんと言うことです。

やたらと眠いし、体も疲れているんだろう。
たぶんね。

■走行距離 28キロ  ■体重 51.4キロ
2015-05-13(Wed)
 

仕事、仕事

眠いな~。仕事中に眠気に襲われる。
休みの日が多くて、早寝早起きになったのはいいけど、
日中に眠くなる負の面も出てる。

さて。
車坂では、勝負よりも経験値を上げるのが目的だったので、
ちょいと試しにいろいろやってみました。

1.ノーボトル
レース中ってドリンク飲む機会って実はほとんどなくて、
それならノーボトルでもいいじゃないかと試してみた。
このコースは給水ポイントが3か所もあって、
一応保険はあったので、試しにやれたわけですが。
結果から言えば、わずかな軽量化を図るよりも
ボトル持っていたほうがいいかな。

特に最初が強度が高くて、日差しもあって、喉が渇いて仕方がなかったし、
紙コップでは飲もうと思っても飲んでいる余裕なし。
ボトルを押して、水を押し出し、口に入れるのが楽だ。
そして、気持ちよく走るには、やっぱり水は大事。
喉が渇くと、苦しさが増す。

2.アップ
アップはやったり、やらなかったりで、結構気分でやっていたけど、
伊吹山で高強度について行けなかったこともあって、
今回はしっかり時間乗って、強度も上げてアップしてみた。

しかし、結果は良かったのか、悪かったのか、不明。
スタート直後に足の重さを感じたし、
すぐに脚パンに近い状態になったし。
気温が低いと体質的にダメみたい。

それでも、脚パン一歩手前まで行ったけど、
その後持ち直したこと考えれば、
アップは入念にやったほうがいいかも。

3.ホイール
レースで使うホイールは「ライトウエイトG3」か、「ジップ202」だ。
どちらがいいのだろうか?
現在は、勾配が緩ければG3、勾配がきつければジップってなこと。
今回は勾配がきついのでジップで行ってみた。
そして、良かった。自分的にはジップのほうがあっているのかも。
ま、G3はまだ2回しか使っていないのであまり参考にはならないけど。
2015-05-12(Tue)
 

車坂後記

今日も休日。
自分的には、実質、今日でGW終わり。
明日から仕事がんばるか。

5時に起きて、実家に車を返しに行く。
実家からは、自転車で帰宅。
入間川、荒川のサイクリングロード使って、60キロ。
天気が良くて、気候も良くて、最高のサイクリング。

車坂峠ヒルクライムの優勝賞品。お米や蕎麦など。
20150511214759287.jpg

レース前日、奥さんとレースが終わった後の予定を話していた時に
「表彰式出ることになったとき、3位で子供連れて表彰台上がるってどうなの?
3位とか言われても微妙じゃない?そもそも3位ってそんなに凄いの?
優勝とか言われれば分かるけどさ。」
って、条件厳しすぎない…

あれは僕に発破をかけるための発言だったのだろうか。
何はともあれ、優勝できてよかった

車坂峠ヒルクライム、ゴール直後。山頂にて。
この瞬間が最高だね。
車坂
※提供 ナッカラーノ 高橋さん
2015-05-11(Mon)
 

第11回 車坂峠ヒルクライム

こもろはす 第11回 サイクリング・フェスティバルあさま
押てったっていいじゃないか! 車坂峠ヒルクライム


■タイム 42分01秒71
■順位 30歳代 優勝 (総合で3番目のタイム)

昨日は22時に寝て、5時に起床。
ホテルの温泉に入って、7時に朝食、8時出発。

昨日軽く乗った時に左膝裏が痛んで、それがかなり不安。
サドルが高すぎるのかと思って、1㎜下げてみる。
それにしても小諸は寒い。風も強い。

会場まではすべて上り坂なのでアップを兼ねていく。
今回は伊吹山の反省を踏まえて、アップを入念にする。
スタート前。ゆるい雰囲気。この感じ、嫌いじゃない
20150510213310301.jpg
この大会はチャンピオンクラスがなく、全員年代別で走る。
30歳代はブリヂストンアンカーでバリバリなプロの齋藤選手や
去年一度も勝てなかったぐんまちゃんがいる。
その他にもエントリーリスト見ると、表彰台が霞んで見える様な面子。
ここでも、やっぱり左足の痛みが不安で、さらにサドルを1㎜下げる。

今回からネット方式に変わったようで、グループの中ほどからスタート。
スタートして前を見たら、齋藤選手を含む3人が100mほど前で先頭。
やべっ、かなり離れてしまった…と追いかける。
後ろは気にせずに、ひたすら齋藤選手を追う。
が、足が重い。脚パン一歩手前。気温の低い時に起こりやすい現象。
まずいと思ったが、追わなきゃ仕方がないので高回転で誤魔化す。

コースは12キロ。平均勾配8%以上。悪くない。
最初から苦しい。息も上がってゼイハア。
しばらく行って後ろを見ると、数メートル離れてぐんまちゃん。
ここで距離を開ける必要ないわけだから、調子が悪いのだろうか?

しばらく行くと大柄な選手が出てくる。
この時は存じ上げなかったのだが、Ⅰ井さん。
足は絞れていて、血管が浮き出てる
しかし、強い。速い。ついて行けない。
このペースに付き合ったら、潰れると思って見送る。

先頭は齋藤選手が単独になっていたけど、
Ⅰ井さんはあっさり追いつき、そしてあっさり置き去りにしてしまった…。
僕も少しずつ齋藤選手との差を詰めていき、25分くらいで追いつく。
齋藤選手はついてこない気がしたので、前に出てそのままのペースで走る。

と、気が付くと、先ほど置き去りにされたⅠ井さんがそこにいた。
「あれ?人違いか?」と三度見してしまった。
でも、先ほどの力強い走りはなかった。
このままペースで走れば置いて行けると確信。
前にそのまま出て、あとは単独走。

しかし、風がすごい。
ヒルクライムで風に気を使うことは滅多にないけど、
もう常に向かい風なんじゃないかってくらい進まない。
森本さんは1位の人は不思議と苦しくないなんて言っていたけど、
僕は先頭を走っているときはいつも苦しい

去年の優勝タイムを目標に走るものの、
無情にも距離を残したまま時間が過ぎ去る。
最後の力をふり絞って、ゴール。
総合1位ではない(はず)ので、かなり控えめにガッツポーズ。

山頂。素晴らしい景色が広がっていた。
20150510213414034.jpg

30歳代の部 優勝。
全体では、ヤビツ主様、ミヤケンさんに次いで3番目のタイムでした。
家族の前で勝てて、嬉しかったです。

次男と表彰台の真ん中へ。
20150510213353543.jpg
良い思い出になりました。

帰りの車。
遊び疲れた家族はみんな熟睡。
「あ~、この週末は自転車といい、パパ業といい、良い仕事したな」
と一人良い気分で運転できました(笑)
2015-05-10(Sun)
 

初旅行。

次男を連れて、初めての家族旅行。
実家の車を貸してもらって、お出かけ。
大人2人、子ども2人、それに自転車。


もうギュウギュウ。
これ以上乗せられないわ。

こまめに休憩とって、無事に到着。


何とか天気はもってくれて、外遊び出来ました。



一日目は大泣きする事もなく、終了。
明日はどうなりますやら。
2015-05-09(Sat)
 

雨予想

あれ?明日、雨なんだ。
雨降るのか~(予定外)

しかし、GWの疲れが抜けない。
昨日より今日のほうが体が動かないな。
1日遅れて疲れはやってくるわけだ。

無理すると、必ず後で無理が出る。
頑張ることは大事だけど、
頑張りすぎないことも同じくらい大事。

長い時間をかけて、遠くへ行きたいと思ったら、
ガムシャラにやるのではなく、ペースを保つこと。

ボビーレーサーの一番多い挫折パターンって、
怪我でもなく、仕事や家庭でもなく、加齢でもなく、
モチベーションがなくなってしまうことなのだと思う。

パワートレーニング、心拍トレーニング。
巷には色々なトレーニング方法が溢れている。
どんな練習をするかに捕らわれがちだけど、
一番気をつけることは、自分に合っているか、
続けられそうか、そして何より楽しいか。
そういうことにもっと目を向ける必要があると思う。

そんなわけで、疲れているときは乗らない。
寝よう。
2015-05-08(Fri)
 

だるいっす

だるいね~。
午前中の時計の進まなさと言ったら…。
しかも、今日になって左足が痛みだす。
休養、休養。寝ますか。
2015-05-07(Thu)
 

白石峠21分15秒

筑波山白滝線でベストタイムを出していたものの
マイナーなだけあって、誰もTTをしていない峠なので
そのタイムがどのくらいの速さなのかが分からないのが悩み。
自分の現在地を確認するために、埼玉の模試的な峠、白石峠で計測してみる。

5時起床。今日も一段と体がだるい。
4日連続でトレーニングしたことって、あったっけ?
結局、連休5日間全部走っちゃったな

物見山で足慣らし。体、重い。
これは白石でタイム出せないなとすでに弱気。

久々の白石峠。
距離、斜度、想定タイム、どれも白滝(筑波山)と
似ているのでイメージはつかめている。
白滝同様に前半から突っ込む。
中間点の水場9分15秒で通過。

13分して、脚が終わる。極端に失速。
ホント、疲労に対する回復力がない。
日曜日に来ておけばよかったとか後悔しながら。

心が折れかかるが、片道70キロ以上かけて来ているので、
やるだけやろうと最後まで頑張る。
ここは相変わらず最後の直線が長いわ…。

白石峠 21分15秒 81rpm 282W 5.53倍
後半タレた割には好タイムで、一応ベスト。
20分台も見えてきたか?

いや~、YONEX CARBONEXは上れる、上れる。
あまり褒めるとヨネックスの回し者みたいだが、
自腹購入ですので、嘘は言いません(笑)

岩槻っ子さんに遭遇。23分台、3本って。
本人は謙遜してたけど、もうそういうレベルじゃないかと。

白石の下りで、上って来るとれたまさんとスライド。
お~、一緒に走れば20分台出せたはず~とチラッと思ったものの、
そもそも足がなかったのだから出ないだろと思いなおす。
しかし、体幹がしっかりしてて、ブレがないよな~。

都幾川はサイクリストが多いね。
筑波山もそこそこいるけど、ちょっと相手にならない。
家から片道1時間くらいで来れると良いんだけどね。
次に来れるのはいつになるだろうか。

■走行距離 158キロ  ■体重 51.0キロ
2015-05-06(Wed)
 

子どもの日

江戸川を走る。
眠くて、ダルい。

関宿城。


お昼に両親と姉と子どもたちが遊びに来て
子どもの日パーティー。

外で遊ぶ。


■走行距離 58キロ  ■体重 50.6キロ
2015-05-05(Tue)
 

児童館

7時出発。江戸川を流す。
涼しくて、気持ちが良い。
帰りは向かい風で、少し踏みながら。
2時間で自転車は終わり。

GWだし、家にいてもあれだし、
東武動物公園にでも行くかと聞いたら、
「え~、行きたくな~い。」とか言う出不精な5歳。
「疲れるし、行かなくていいんじゃな~い」とか言う奥さん。
何この家好き一家は

児童館でポップコーンとか食べれるらしいよ
と耳打ちしたら、「えっ!」とか、それは食いつくのかよ(笑)
ということで、すべて無料で遊べる児童館へ。
親孝行な息子だこと

綿菓子に長蛇の列。


輪投げ。


あとはポップコーン食べて、スーパーボール作って、
ご満悦な長男でした。

■走行距離 58キロ  ■体重 50.7キロ
2015-05-04(Mon)
 

白滝19分58秒

今日も筑波山。
昨日はまるでだめおだったので、
少しは追い込んでおきたいところ。

林道白滝線、1本。
最初はケイデンス高めで入る。
パワーは先週よりも低め。
21分を目標に走る。

分岐点で車が来て、ややロスしたものの、
前に走っていた人をターゲットに追いかける。

残り1.1キロのところでタイムを見たら
先週とほぼ一緒。
20分切れるなと最後頑張る。
タイムは19分58秒。ベスト+1秒。



帰りはL5など入れつつ。
明日の朝は筋肉痛になりそう。

■走行距離 120キロ  ■体重 50.9キロ
2015-05-03(Sun)
 

筑波山

天気がいい。
5月って、一番好き。

利根川。


筑波山行くも身体動かず。
白滝が先週より3分落ち。
早々に退散。

■走行距離 119キロ  ■体重 51.2キロ
2015-05-02(Sat)
 
プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ