fc2ブログ

一日が早い

何もしていないのに寝る時間になってしまった。
一日終わるのが早い。特に家に帰ってから(仕事中はそうでもない
最近、惰性で生きてるぞ。いかん、いかん。

今日で11月も終わり。
何もないまま終わってしまった。
もっと大切にしていかないとな。
一日進歩が感じられるくらいな充実したことをしないと。
スポンサーサイト



2015-11-30(Mon)
 

L3

L3走。30分221w。
昨日のトレーニングで足が重かった。,
2015-11-29(Sun)
 

ローラー

ローラー練習。
ミディアム10分 82rpm 266W 5.01倍
ミディアム10分 85rpm 272W 5.12倍
計60分。


久しぶりのL4。
10分が長く長く感じる。

巷で噂のローラー用オンラインゲーム。
やってみたいな~。
2015-11-28(Sat)
 

冬眠

気温とともに僕のモチベーションも下がっていくようで。
冬ってのはどうにもいかんな。

外に出る気にならない。
外出たことを想像しただけで嫌になる。
外に行っても寒いとしか思えない。

でも、昔はそこまで冬が嫌いだったわけじゃないんだけど。
いつの間にか大嫌いになって、そのかわり夏が好きになっている。
自転車やって痩せたってのが一番の要因だと思う。
体重が50キロ後半だった頃は世の中そこまで寒くなかったし。
冬はもう少し太るか。
2015-11-27(Fri)
 

English

台湾行って思ったこと。
英語話せたらな~。
学生の頃、挫折した訳だけど。

こんなの買ってみました。

スポーツと同じで継続は力なりなんでしょう。
さて、いつまで続くかな?
2015-11-26(Thu)
 

寒っ

寒くなってきた。
短パンはそろそろ終了か。
下は意外と平気だけど、上はいくら着ても寒い。

それと手。すぐに冷たくなって感覚がなくなる。
ヒーター付きのグローブ買っちゃおうかなと毎年悩む。
手さえ冷たくなくなれば、だいぶ印象は違うと思うけど。
でも、やっぱり値段が高くて、なかなか手が出せない。

これから4カ月。長くて退屈な4カ月が始まる。
2015-11-25(Wed)
 

江戸川練

バーガーキングに行ってみた。
20151124204020182.jpg
でっかいバーガーを食べても、
いつも物足りないのはどうしてだろう。

それでもカロリーは摂取したので走りに行く。
今日も関宿城。203w。
20151124204422273.jpg
バテた。クタクタだ。
忘れていたこの疲労感。
2015-11-24(Tue)
 

雨の江戸川

外は薄曇り。少し寒そうだ。
雨は降っていないので、江戸川へ。

江戸川に着く頃には霧雨が降り出す。
そのまま淡々と関宿城まで。
風が向かい風で、190Wくらいか。

走りだしてすぐにGARMINの電池が切れてしまって、
あくまでも感覚的に190Wというだけ。
充電もしていないところが今の状態を象徴している。

関宿城に到着。
20151123155759106.jpg

霧雨と言えども2時間走っていると、それなりに濡れてしまい、
サイクリングロードを降りてから、信号が増えてくると
体も冷えて来て、ガタガタ震えて帰宅。
2015-11-23(Mon)
 

1122

今日は仕事な日。
良い夫婦(11月22日)の日か。
そんな日とは対極にあるような仕事しているので
今日はお客さんが少なめだった。

自転車に対するモチベーションが出ないうちは
普段出来ないことに力を入れて行こうかな。
やらなきゃと思いつつ、後回しにしていることも多いから。
手始めとして、年末の家族旅行の計画でも立ててみるか。
2015-11-22(Sun)
 

普通の日

特に何もしていない日の典型的な過ごし方をした日。
今日も自転車トレーニングはなし。

燃え尽き症候群というのか、完全燃焼というのか、
それとはちょっと違うんだけど、走る意味を見つけられない。

これまでは勝ちたい、強くなりたい、速くなりたいが走る意味だったんだけど、
今年は自分が思い描いていたこと以上にいろんな経験が出来てしまって、
今は具体的にこうなりたいと言うのがなくなってしまった。

もっともっと上があるんだから目指さなきゃ損だろとも思うけど、
そこに行くにはそれ相応の覚悟と犠牲が必要だし、
そこまでのモチベーションがあるのかと考えると
なかなか走りだせないでいる。

これまでとは、まったく違う問題に直面している。
すべての問題は台湾にあると思うけど。
KOMは今までで一番おもしろいヒルクライムレースだった。
確かそんなことを言ったけど、実のところそうじゃない。
35年間、これ以上に面白いと思った瞬間があっただろうかと
真剣に考えてみても何も思い浮かばない。
レースの括りに留まらず、人生の中で一番おもしろい時間だった。
それほど今回のレースは強烈だった。

しばらくは無趣味の親父でもなるかな。

アウトレットにて、スバルブースでタイムアタックにトライする息子。
20151121212043515.jpg

車坂峠の賞品。お蕎麦。
20151121212108020.jpg
いまさらですが、美味しくいただきました。
2015-11-21(Sat)
 

引退報告

ブリヂストンの斉藤亮選手が現役引退を発表されました(つД`)ノ

斉藤亮さんと言えば、僕にとっては車坂峠、美ヶ原。
現役プロと一緒に走れて先着できたことはやっぱり自信にはなりましたね。
向こうはトレーニング一環で、こちらがガチガチのガチでしたが(笑)

まだまだ、これからと思っていたのですが…。
今シーズンは怪我もあったのかもしれません。
35歳。同じ年。そういう年代なんだよな。

松坂世代もそろそろか。
18歳の松坂大輔が衝撃過ぎて、僕もあの頃のまま年を重ねてきたが
気がつけば、もうみんな体もガタガタなオッサンなんだな。
杉内だって、上重だって、久保だって、みんな凄かったんだ。
あれから17年。そういう年なんだよ、35歳って。
2015-11-19(Thu)
 

外乗り

台湾のレース以来、カーボネックスに乗る。
何これ?軽くて、速い。反則だろ!!と改めて思った。
11月になってからは通勤車しか乗っていなかったら。
あまりの違いに今さらビックリする(笑)

江戸川を180Wぐらいで走る。
「やべー。自転車って楽し過ぎる!!」またしても、今さら思う。

しかし、すぐに疲れが…。
この腹の周りにまとわりつく脂肪の浮き輪は何だ?

11月も後半になってきたのに、この暖かさはどうしたことだろう。
このまま春になってくれると良いんだけどな。
2015-11-18(Wed)
 

引き続き目眩

引き続きの目眩。
あまり良くならない。
頭の回転がひどく悪くなっているのを感じる。
まったくな~

モチベーションの落ち込みによって結果としてオフ生活になっているが
同時に自転車をやらない状態に結構ストレスも感じている。
だらだらとお菓子を食べて、目標もなく寝て終わる一日。
一つも面白くはないし、クソつまらん人生だと思う。

だったら、トレーニングやればいいだろうと思うんだけど、
どうもその気になれない。それが一番のストレスなんだろうな。

解放感より罪悪感が勝ってきたので、そろそろ動き出す時期かもしれないな~。
2015-11-17(Tue)
 

月曜日から不調

月曜日なのに、目眩に、頭痛。
昨日、ローラーやってから、おかしくなってしまった。
体がビックリしたかな。
2015-11-16(Mon)
 

別人

ローラー60分。
200w。20分で気分が悪くなる。
最後の5分はL4。なんとか60分こいだ。

激しく疲労。
歩くのも辛く、午後には目眩も・・・。
いくら何でも弱すぎ。

本当に台湾KOMで105キロ走ったのか?
もはや別人だろ。あの頃の自分が遠すぎる。
何も突然あのパフォーマンスが出来たわけではなく、
地道なトレーニングの積み重ねでしかなかった事実を
あらためて突きつけられる。

そう。なぜ自分みたいな体力も天賦の才もない奴が
ここまでやってこれているのか忘れちゃいけない。

人より研究して、人より考えて、
人よりヒルクライムに特化して、
そして何よりコツコツ続けてきた。
それがなくなったら、ただのファンライダー。
がんばろう。
2015-11-15(Sun)
 

思いつくのではなく作る

図書館から借りた本。
20151114234652435.jpg
久々にゾクゾクする本に出会った。いまさらだけど。
心を揺さぶる言葉は思いつくのではなく、狙って作るのだと。
天賦の才でもなく、習得できる技術なのだと。
読み終わった後、世界が違って見えた。
一筋の光が見えた、そんな夜。
2015-11-14(Sat)
 

ローラー

ヤビツ峠をみんなで走ろう的なDカップが雨予報で中止に。
堕落した生活をしている僕にとっては30分上りとか無理なので、
実はちょっとホッとしていたり

ヤビツ峠って名前は頻繁に聞くんですが
一度も走ったことないんですよね~。
暖かくなったらヤビツの主様に挑んでみたいです。

今年は乾さんとかなりバトった一年だったように思います。
4月伊吹山でケチョンケチョンにやられて、5月車坂で少し近づいて、
6月ウツクシでついに先着し、8月山梨戦国で2戦連続で1秒差で敗れ、
最後は乗鞍。先着したけど、ネットで4秒差で負け。

今年のレースはいつも乾さんとミヤケンさんを
(恐れ多くも)ライバル視して臨んでいました。
雲の上の存在の人たちに近づけたようで嬉しかったですね。
来年こそは・・・

夜。ローラー。17分回す。疲れた。
ローラー60分ってどうやってやるんだっけ…。
2015-11-13(Fri)
 

誕生日会&祝勝会

チーム亀風の集まり。
太陽監督とモジャベールさんの誕生日会。
太陽さんは還暦ですと(゜o゜;)
こんなパワフルな60才いますか?!
とてもとてもそうは見えません

そして、僕の台湾KOMの祝勝会もやっていただきました( ^o^)ノ
ワールドチャンピオンカラーのタイヤのプレゼントが

今年の冬はこれで走り込みます!

今回は特にサポートしてくれたチームの皆さんに良い報告がしたいという思いがあったので
自分のためだけに走るときよりもやる気が湧いてきました。
応援してもらえると不思議と普段出ない力が出ますね。
いつも頑張れ、頑張れと言ってくれるチームの存在は大きいです。

とにかくお寿司が旨かった!


そんなわけで今日もノーライドな日。
物凄い勢いで坂を転げ落ちています
それでも登った山は必ず下りなきゃいけないわけで、
年内は気持ちの充電期間としたいと思います。
2015-11-12(Thu)
 

今週は長い

いや~、もう完全に木曜日のつもりなんだけど。
それがまだ水曜日なんだな…。
今週は長く感じるな。。。

このまま一生やる気出ないんじゃないかってくらい
自転車のモチベーションが低い。
低いってよりないに等しいか。
2015-11-11(Wed)
 

来季思うこと

まだ火曜日かいな。
もう疲れ具合が木曜日ぐらい。
早く土日来ないかなと思ってる時点でダメだね。
もう少し頑張らんとな~。

来季のことを思う。
今はまったくの白紙だ。

乗鞍は当然出る。
となると、抽選は避けたいので、シリーズ戦に登録することになる。
美ヶ原、鳥海山は行くだろう。

その他はスケジュール次第。
寒い時期は結果が出ていないので、4月は走らなくていいかなとも思うが
そうすると冬が長くなるので、やはり我慢できなくて出るかも。

そして、やっぱり台湾KOMまた行きたいわけだ。
乗鞍以上にあそこでもう一度勝負したいなと気持ちが今は強い。
森本さんや矢部さんがリピーターになる気持ちが分かった気がした。
どうにか5万円ぐらいで何とか出来んもんかな。
1泊4日弾丸ツアーとかすれば行けるか?

それと中国語でも勉強してみますかね。
現地でしゃべれるかそうじゃないかで、楽しさも変わってくるだろう。
一年やれば幼稚園児くらいの会話は出来るか?(レベル低っ)

そうそう。
どうでもいいこと思い出したけど、日本人って中国語で
「リーベンレン」だと理解してたんですが、台湾のおじさんから
「ズーベンレン」かと聞かれました。
2秒ほど考えて「ああ、お前は日本人かと聞いてるのか」と理解しました。
これって台湾語だからなのか、それとも北京語でもこうなんだろうか。

ちょっと脱線しましたね(笑)
英語もそうですが、中国語もしゃべれたらいいなと。
ま、また行きたい、台湾KOMということで。
2015-11-10(Tue)
 

久々ローラー

30分ローラー。200W目標。
心地よい疲れ。運動するのは気持ちが良い。
久しく忘れていたな、この感覚。
まだまだL4とか追い込みは出来ないけど、
気の向くままにやって行こう。

CYCLISTに松尾さんが書いた台湾KOMの記事が出てましたね。
実際に走って体験したことがつづられているのと、
プロ選手のリアルなお金の話が興味深かった。
モニエ選手とトマ選手はガチで出稼ぎに来てたんだ。
自費で来る価値は十分あったね。

僕もとりあげてくれて。
こういう形で取材してもらえたのは初めて。
松尾さん、ありがとうございます。
自転車続けて来て、ようやく目に見えるかたちで
実を結び始めたな~という一年。
2015-11-09(Mon)
 

何でもない日

ローラーやってみたけど、10分で飽きる。
飽きたというのか、やる気が湧かないというのか。
やっぱり目標がないと、出来ないもんです。

普通のぐ~たらな生活送ってます。
朝ごはん食べて、寝る。2時間くらい。寝過ぎ。

奥さんがお出かけなので、2人の息子連れて、イオンに行って、
ゲーセン行ったり、ご飯食べたり、買い物したり。
そんな何もない平凡な一日。

もう台湾のレースから3キロ増です。
増えるのは簡単。太ると憂鬱になる。
そろそろ規則正しい生活しないと。

寝起きと上半身に力と入れたときに胸骨?肋骨?が痛い。
たぶん、いや、間違いなく台湾で落車したときだろう。
普段は痛くないから、いいんだけど。
2015-11-08(Sun)
 

東武動物公園

今日も自転車はなし。
遊園地に行ってきました。


一年前は恐々遊んでいたアスレチックスも
随分速くこなせるようになっていて
子どもの成長は早いな~と。
2015-11-07(Sat)
 

ぽっかり

お菓子ばっかり食べて奥さんに怒られる
燃え尽きてしまったのかもしれない。
別に自転車で走りに行きたいとさえ今は思わない。
仕事がたくさんあるから、そっちに没頭している。
お前にしては今年は良くやったよ。
そんな気分のオフ。

今週は沖縄か~。
これでみんなシーズンが終わるんだな。
ガンバレー
2015-11-06(Fri)
 

一週間

もう一週間も何もしてません。
あっという間ですね。
ちょっとおデブになってきて、憂鬱な気分です。
台湾の喪失感が半端ないです。
しばらく完全オフになりそうな予感がします。

■走行距離 28キロ  ■体重 52.5キロ
2015-11-05(Thu)
 

台湾KOMの話(その2)

今は完全オフになりネタもないので、台湾話引っ張ります(笑)

■機材
最大勾配27%らしいので、所謂激坂があります。
問題となるのはギアです。
僕は今回、前は50-34、後ろは12-28で行きました。
レース中に矢部さんにもリサーチしましたが、前34・後ろ28だと言っていました。
森本さんも以前ブログで28をつけていたと書いてありました。
つまり、プロでもない限り、34-28は必要です。

逆にトップは11もいらないと思います。
最初の平坦区間でさえ、40キロを超えることはなかったと思います。
今年はゆっくり安全に30キロくらいで進んでいました。

あとはトンネルが多いので前と後ろのライトは付けるように案内されていました。
でも、実際はライトを装着していない人は多かったです。
特にエリートクラスで付けている人はほとんどいませんでした。
事前にバイクチェックされることはありません。
付けたほうがいいかと聞かれれば、付けたほうがいいんじゃないかなとしか
言うことは出来ませんが、その辺はご自身で判断してください。

後半に暗いトンネルがあります。
小さいライトではあまり意味がありません。
暗いのが心配であれば、強力なライトを持って行ってください。
人によって、暗いのがダメな人と大丈夫な人がいると思います。
僕は大丈夫な人のようです。何も支障はありませんでした。

それ以外は普通に日本のヒルクライム仕様と同じです。
ダブルボトルなのでゲージは2つ付けましたが、それくらいでしょうか。
ちなみにパンクなどの時は集団の後ろにシマノのサポートカーが走っているため
その辺の対応はしてくれるみたいです。だから、工具も持つ必要はないでしょう。
ただし、オフィシャルで用意している規格はシマノ10速でした。
カンパユーザーとか、11速の方は対策を取られる必要がありそうです。

それとバイクの重量計測はありません。
一応はUCI規則に則って開催されているようですが、
あまり細かいことは言うような雰囲気はありませんでした。

日本ほどの軽量化に対する熱い思いは外国選手からは感じられません。
どことなく、ノーマル仕様って人ばかりです。
テープを巻いていない僕のハンドルは外国人にはビックリなことだったらしく
「なんで巻かないんだ?お前、手痛くなのか?」と聞かれましたね。
それとYONEXのフレームにも驚いていて「YONEX?テニスラケット??」と

そういえば、FORZAのお二人もカーボネックスユーザーだから、
今回のKOMは女子と男子30代でYONEXバイク2冠ということで。
同じバイク乗ってる人はどこか他人とは思えないですよね~。
(って、勝手にこっちがそう思ってるだけですが…)

と機材はこの辺で終わり。

最後に。
台北の街の中でロードバイクに乗ってる人がいたので、
バイクを観察してみたら、すべてのパーツが見たこともないメーカーのものでしたね。
台北ではあれがメジャーなのか、それとも安物のなんちゃってロードバイクだったのか。
世界は広いな~。
2015-11-04(Wed)
 

台湾KOMチャレンジの話

今日は久々に家で過ごした。
子ども二人が風邪ひいてると言うのもあってどこも行かず。
こうやって一日中子どもといたのっていつ以来だっただろう
随分と好き勝手やらしてもらっていたんだなとあらためて思う。
自転車も乗らず。今日は本当に何もしない一日だった。

今回参加した台湾KOMチャレンジ。
興味のある人もいると思うし、来年参加したいという人向けに
僕が実際体験したことや感じたことを参考に書き遺しておこうと思う。

■お金
まず、このツアーの参加費ですが(お金がなければ始まりませんからね)
今年はパーパスジャパンという旅行会社がツアーを企画していました。
そのツアー費は以下のとおりです。

旅行代金(2名1室利用) 125,000円
燃油サーチャージ、海外諸税9,130円
日本空港使用料2,570円
1人部屋利用追加料金28,000円
エントリー代20,000円
センサーチップ補償金4,000円(返金あり)
その他、1日目夕食、2日目昼食、4日目昼食、5日目昼食は各自で用意、
お土産、最終日の観光費用などもあるので、10,000円くらいは必要です。
実際、僕は15,000円ほど使いました。
ちなみに台湾の物価は日本とほとんど変わりません。

自分ですべて手配すればもう少し安く抑えられると思いますが、
ツアー参加を考えてる方は20万円は準備しておけということになります。

また、僕のようにパスポートを持っていない方は
パスポートをつくるにもお金がかかります。
5年有効なパスポートの手数料は11,000円、
その他に戸籍謄本や顔写真を用意しなければならないので
+1,000~1,500円ぐらいかかるでしょうか。

■バイクケース
台湾までの移動は当然飛行機で移動します。
となると、ロードバイクも飛行機輸送になります。
電車と違って、知らない誰かに預けるわけで、雑にもしくは乱暴に
扱われてしまう危険性があるのでしっかりしたバイクケースが必要です。

しっかりしたバイクケースとなるとやはり値段も高いですし、
重量も重くなるので現地での移動等も苦労する場面があります。
この日のためだけにバイクケースを買うのも勿体ないし、保管場所にも困るので、
どうしたものかと思っていたのですが、亀風チームのオルテガさんから
しっかりしたものを貸していただけることになって助かりました。

台湾国外から来たライダーたちもしっかりした作りのバイクケースに入れて来てました。
大事なバイクですから念には念をで多少高い買い物になっても仕方がないと思います。
あくまでも参考にですが、一緒にツアーに参加された方は、いつも電車で使う布製の輪行バッグに
両サイドに段ボールで補強しただけの仕様で問題はなかったそうです。
自分は怖くてそこまでのリスクは負えませんが、もし自分で購入したならば
オーストリッチのOS500あたりの2万数千円のバッグを選んだかなと思います。
値段、信頼度、持ち運びやすさ、使わないときの保管スペースなどを考えると
一番バランスが取れている商品かなと。
コンドルさんが台湾行ったときもこれ使っていたと記憶しています。

寝る時間なので今日はここで終了。
また、続き書きます。
2015-11-03(Tue)
 

シーズンオフ

2015年の自転車レースがすべて終わった。
今年はたくさん良い思い出が出来た。
車坂峠、Mt.富士、夏油高原に鳥海山、
そして最後に台湾KOMだ。
これまでの中でもベストシーズンだった。

しばらくはやる気は出ないだろう。
山が高くなれば、谷も深くなる。
気長に行こう。

しかし、台湾のレースはおもしろかったな。
これまでの中でも、走っていて一番楽しかった。
世界のトップライダーと走れるのはワクワクするし、
外国人選手と走れるのも楽しかった。
このレースのことは一生忘れることはないだろう。
2015-11-02(Mon)
 

台湾KOMツアー(最終日)

昨日はあまりの睡魔にコロッと寝てしまい、早く寝過ぎたために変な時間に起きてしまう。テレビ見たりしつつも、また眠気に襲われて二度寝。結果的には6時半起き。

朝食に行く。今日もホテルのビュッフェ。美味しいものを食べる探求心に欠ける僕にとってはありがたいシステムですね。口に合うものでお腹が満たされれば、それでもう満足ですからね。

しばらくは体重も気にする必要はないので好きなものだけ、食べたいだけ食べる。

ツアー最終日は完全フリー。何をしようか、出発前にも多少リサーチしましたが、やっぱり故宮博物館は行きたいなと即決。ガイドブックによると広いのでただ見るだけでも相当時間が必要とのこと。他にはそれほど行きたい場所がある訳じゃないのでじっくり見るのも悪くないかと思いながら出発。

まずはホテルの最寄り駅から電車に乗る。台湾のSuica的なヨーヨーカーを手に入れる。

チャージさえしてあれば電車もバスもSuicaのようにかざすだけで乗れるので便利。

4つ先の駅で降りて、今度はバスに乗る。台湾はこのバスが曲者らしい。日本ならバス停で待っていれば当然バスは停まってくれるが、台湾では「俺は乗るぞ!」と主張しない限りそのまま通り過ぎてしまうとのこと。そして、バスの交通網が異常に発達しているので一つのバス停に色々な路線のバスが来る。


ドキドキしながらバスを待っていたが、無事にお目当てのバスが停車してくれた。
博物館は終点なので、あとは乗っていれば最後に降ろしてくれるはず。そして、無事博物館到着。


中にはいると団体客の多さにビックリ。そして、日本人の多いこと。中国語以上に日本語が飛び交っていた。僕も含めて日本人は定番スポットに行かないと気が済まない民族なのかもしれません

よくもこんなにお宝集めて、保存してきたもんだと感心するくらい見るものが多い。しかも、こんなのどうやって作ったんだというものばかり。良いもの見せていただきました。

そんなことしてたら、13時を過ぎていた。どこかに行っても時間的にあと1ヶ所しか行けない。僕にしては珍しく台湾に来たら食べたいものがあった。そして、またバス・電車を乗り継いで目的地へ。

ここ。


これが食べたかった。

豆腐に薄いお汁粉かけたような食べ物。想像してたとおりに旨かったですね!

さ、これでもう帰る時間。ホテルに戻り、車で空港まで送ってもらう。お土産をたくさん買って、さらば台湾。再見!

最後の食事。機内食。


羽田空港まで、なんと亀風のソラマメさんとピューマさんがお出迎え。しかも、そのまま自宅まで送り届けてくれる。明日仕事なのにもかかわらず、深夜に来ていただいて、なんとお礼を言ってよいやら。ありがとうございました。

そんなわけで激動(平凡な人生な僕にしたらね)の5日間が終わった。レースに関して言えば満足している。言い訳出来ないくらい練習もしたし、目標であった
年代別の優勝トロフィーもゲットした。次はないというつもりで来たので、自分の中では絶対に負けられないレースだった。そういう意味では大大大満足。

まー、落車によって本気出す前にレースが終わってしまったということでは、ギリギリの自分が見られなかったのは心残りではあるんだけど。それは来年以降のヒルクライムシリーズ戦へのモチベーションにつなげていくしかないですね。台湾までの道のりは険しいので、簡単にはまた行けたらいいなとは今は言えないけど。また、コツコツ頑張ります。

台湾KOMを通じて、本当に皆さんにお世話になりました。台湾に招待していただいた日本サイクリング協会様、ツアーの手配をしていただいたパーパス・ジャパン様、現地でのドライバーさんやホテルのスタッフの方。また、一緒にツアーを回ったお二人にも何から何までお世話になりっぱなしでしたね。お二人がいて心強かったです。そして、亀風チームの皆様。いつもいつも僕のためになぜそこまでというくらい気にかけてくれて、今回も様々なサポートをしていただいて、ただただ感謝です。本当にありがとうございました。

最後に。面と向かっては言えないので、ひょっとしたら見てくれてるかもと期待しつつ。

奥さんに一言。
自転車ばかり好き勝手にやってるダメ夫でダメな父親だけど、文句も言わず「走ってきなよ」と思う存分自転車やらしてくれて、ありがとう。これからもたくさん迷惑かけると思うけど、よろしくお願いします。
2015-11-01(Sun)
 
プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ