fc2ブログ

合格

今年は受験しようと決意した昇任選考。
気が付けば、僕ももう三十代後半。
下の世代の同僚も増えてきた。

目の前に扉があるのになぜ開けないのか。
いつまで安全な部屋に閉じこもるのか。
これでいいのか。
自問自答してきた3年間。

現状維持は後退だな。
やるか。やるしかないか。
自転車出来るかな?
そこは不安(^_^;)

で、今日が合格発表。
無事に受かっていました(*^^)v
さて。やるしかないか。頑張ろう。
スポンサーサイト



2017-11-30(Thu)
 

ZWIFT 3位

ローラー練習。
KOREA CAT&MOUSE RIDE
先頭集団10人以上。
人数を絞りたく、上りでアタックして単独となるが、
下りで集団効果のスピードにあっという間に追いつかれる。
無駄な体力使った。

その後も上りでアタックするが誰も反応してくれず
またしても下りであっさり追いつかれる。

最後の上りでようやく集団を分断できて、
最後は4人でスプリント。

3位。まあまあ、こんなもんだろう。
なかなか300W越えのライダーに勝つのは難しい。
2017-11-29(Wed)
 

ZWIFT 8位

ローラー。
適当なレースがなくて、10km程度の短いレースに参加。
短時間レースなので、強度高め。
最後まで10人くらい生き残り、集団スプリント。
案の定、8位と何とも言えない順位。
14分ぐらいのレースじゃ勝ち目がないな。

風呂に入ってるときに息子から太ったと、きびしい指摘が・・・。
さすがに1ヵ月という期間で急激に丸くなるとバレるらしい。
顔がむくんで仕方ない。
Yシャツの首回りも、お腹周りも苦しくなってきた(T_T)
そろそろ気を付けないと。
2017-11-28(Tue)
 

食欲が抑えられない

家に帰ってくると、バクバク食べてしまう。
そろそろ、抑えていこうと思ったんだが。
ぜんぜん抑えられない。

そのせいで猛烈な眠気も発症。
完全に悪循環だな~。
2017-11-27(Mon)
 

zwiftレース2位

ローラー90分。
zwiftレース2位。
2017-11-26(Sun)
 

調子が悪いのか

未だに眠い。
朝は8時半にやっとこさ起床。
12時頃から眠くなり、昼ごはんも食べないまま
3時間も昼寝をしてしまう。

ローラー。75分。
足に疲れが残っているし、
脳に酸素が足りていないような感じで、
180Wくらいが限界の状況。

具合が悪いわけでもないし、
風邪をひいているわけでもないし、
特別問題があるわけじゃないのだが、
眠いし、ブロックされている感じ。
2017-11-25(Sat)
 

サンボルトでジャージをつくる ~その3~

サンボルトでジャージをつくる ~その1~
サンボルトでジャージをつくる ~その2~

今日もジャージの話である。
いつもこのブログを見てくれる方は薄々気が付いているであろうが
一言で言ってしまえば毎日書くネタがないのである。
特に冬はブログも冬の時代なのだ。

で、話を戻して、ジャージの件だ。
修正の依頼メールと昨日送信。
で、早速、今日「修正案できたぞ」と返信あり。
返信が早い(」*´∇`)」 すぐに直してくれる。

サーモジャケット
20171124231350635.jpg
もはや間違い探しレベルの修正だが、
襟に「SINCE1998」を入れてもらった。

PROパンツ
20171124231324235.jpg
内股は「紺」色を選択する。

PROFit長袖セパレートワンピース(襟あり)
20171124231307620.jpg
上腕部に赤と白のラインを入れてもらう。
バックポケット部の「KAMEKAZE」の文字は無くし
サンボルトマークだけでシンプルにする。
そして、こちらの襟にも「SINCE1998」を入れる。

もう、僕的にはデザイン確定。完成。
後はチームの皆さんから要望があったときだけ直す予定。

ピューマさんから冬用のジャケットは作らないのかと。
3人集まれば作れますよと僕。で、亀風の中で冬は走る人って誰…。

デザインはこれで概ね良いとして、次はサイズ合わせ。
12月中旬にピューマさんちで試着会する予定。
2017-11-24(Fri)
 

サンボルトでジャージをつくる ~その2~

前回の「サンボルトでジャージをつくる ~その1~」の続編。

さて、自分の手持ちのジャージが経年劣化したことと
バックポケットのあるワンピースが欲しかったことから
サンボルトでジャージをつくることにしたわけですが。

他の亀風の皆さんはまだまだジャージの状態も良好で
新しいジャージはいらんだろうなと思っていたのですが、
声かけてみると購入希望が多く、嬉しい想定外(´∀`*)

サンボルトの場合、3着からオーダー可能というアイテムが多い。
だから、3人買うとなれば新たなアイテムが作れる。

今回は結果的に半袖ジャージ、長袖ジャージ、レーパンを作ることに。
そして僕は矢部さんの薦めもあって、セパレートワンピを作ろうかなと。
乗鞍だけを考えるならば、ライトワンピという選択になるのだろうが、
練習でも着たい、台湾KOMでも着たい、いつでも着たいとなると、
デザイン性と機能性に優れたセパレートワンピが気になる。
僕の中では今は「台湾KOM > 乗鞍」というところもあって、
今回はセパレートで行こうと思う。

半袖ジャージ以外のデザインも依頼したところ、
早速、サンボルトからデータが送られてきましたヽ(´∀`)ノ

サーモジャケット
20171123210435109.jpg

PROパンツ
20171123210521783.jpg

PROFit長袖セパレートワンピース(襟あり)
20171123210414863.jpg

いいね、いいね\(^o^)/
今回は前ジャージとはデザインを変えない方針なので、
微調整くらいで済む予定。かなり気分は楽。
すでに90%はOKでしょとなっている。

でも、ちょっと気になった点はあったので、
修正の依頼メールを送っておきました。
今日現在の進捗状況はこんなところ。

今日も午前・午後とも打合せだったので、
その前に1時間だけローラー。
ZWIFTレースのタイミングが合わず、30分だけ
先頭集団に交じって走り、その後離脱。
地道に積み重ねだな。一歩一歩がんばろう。
2017-11-23(Thu)
 

将棋

長男と将棋。
とりあえず、駒の置き場所から教える。
20171123004640292.jpg
この後、怪獣次男が乱入してきて、滅茶滅茶にされて終了。
2017-11-22(Wed)
 

ローラー60分 201w

ローラー練習。
ZWIFTのレースに参加したのだが、
30分ぐらいでなぜか千切れる。
苦しかったのかと言えばそんなことはなくて、
モチベーション的な問題であるのは明らかなので、
何とも何とも。この冬はどこに向かおうか。。。

今はまだ見えていない。
どんなトレーニングをしようか。
どんなところを強化していくか。
計画を立てたほうが良さそうだ。

台湾KOMから1ヶ月が過ぎた。
あと11ヶ月でまた台湾KOMが来る。
一年はそんなに長くない。

基本は今年と同じようなレースに出る予定。
6月に富士ヒル、サイクル・トゥ・ザ・サン
8月に乗鞍
9月に武嶺盃
10月に台湾KOM
遠征費が・・・。さすがに無理か。
来年は下の子が幼稚園。現実的な問題(´・_・`)
そうなると武嶺盃はやめておくか。
でも、あのコースは自分に合っていたな。
行きたい気持ちは当然ある。

とりあえず来年は20万円近くはかかるであろう
サイクル・トゥ・ザ・サンに集中する予定。
中途半端な練習とモチベーションでは行きたくない。
やるからには優勝、優勝、優勝狙います。

そう、嘘はついちゃいけない。
自分に嘘はつけない。勝つための練習しろよ、自分。
2017-11-21(Tue)
 

猛烈な眠気

帰宅後に腹筋などやって
子どもと遊んでいたら、猛烈な眠気に襲われる。
強烈すぎる眠気。
そのまま布団に直行。
うーん。困ったものだ。

サイスポで56さんが良い記事書いていた。
どんなトレーニングをしているのか
どんな機材を使っているのか
そういうことを取り上げた情報は多いけど
家族や仕事との付き合い方を書いたものは少ない。
良いトレーニングを継続していくには
実はそちらをどうするかのほうが大事だったり。

その辺はあまりカッコいいものじゃないから。
どちらかと言えばカッコ悪いことも多いか。
そのところをさらけ出して書ける人は多くない。
そこをさらっと書いてしまえる56さんだからこそ
みんなから愛される存在なのかなと思う。
2017-11-20(Mon)
 

CTTSデータ

江戸川CRを走る。
北風に向かって50分踏み続けたら、左ひざが痛くなった。
そんなに早くは治らないか。

こんなところで無理しても意味がないので、帰りは流す。
20171119221910715.jpg
空はしっかり冬になってきた。遠くの山がよく見える。

来年は参加したいと思っているハワイ・マウイ島の
サイクル・トゥ・ザ・サン。

距離58キロ、標高差3040m、平均勾配5.2%。
過去10年で一番良いタイムは2時間46分47秒。

日本人選手は。
2009年 村山選手 2位 2時間59分41秒
2010年 藤田選手 3位 3時間05分18秒
2011年 森選手   3位 2時間49分10秒
2012年 長沼選手 優勝 2時間54分32秒
2013年 乾選手   優勝 2時間57分59秒

勾配の変化は少なく、ほぼ5%前後が続く。
ロードレースとも言われるMt.富士より平均勾配は低く、
優勝争いも2~3人のスプリントになることが多い。

僕は乾さんのタイムを一つの目標としたい。
計算上は平均出力210w。それを3時間。
そういう練習が必要。
CRを100km走というのがいいかもしれない。

走り方としては前半は先頭集団で身を潜め、
数人が抜け出したときに遅れないようについて行き
ラスト20~30分で死力を尽くすとなるのだろう。

とにかく。210w、3時間。これだけ。
2017-11-19(Sun)
 

打合せ続き

朝、昼、晩と打合せ。長い一日だった。
自転車と違って練習後の達成感みたいなものはない。
ふ~。疲れた。

昨日のライドで思った以上に左ひざのダメージがあり、
朝起きたときには左ひざが痛んだ。
夜には痛みは消えていたので、明日は走れるかな。
2017-11-18(Sat)
 

白土屋シュークリーム

今は最も体重を気にしなくていい季節。
お腹もいい感じでぷよぷよしてきました。
折角なのでシーズン中は食べたいと思っても
食べるのを躊躇っていたものを食べよう。
何でも福島県いわき市に超巨大な
シュークリームがあるらしい。
よし、今しかないo(^o^)o

でも、そんなに大きいシュークリーム食べたら
太ってしまうので(結局、体重気にしてる
どうせなら自走で行けば一石二鳥じゃね
と言うわけでいわき市まで走ってきました。

早朝、出発。暗い。寒い。
筑波山あたりで寒さから手が痛み出す。
気温を見たら1℃だった(;゚д゚)
もう、そんな季節かいな…。
ヒーター付きのグローブ欲しい。

水戸を抜けて、海岸線を走る。

そういえば、自転車で海って来たこと
あまりなかったなと。
いつも山に向かって走ってるせいだね。

140kmあたりから左膝が痛い(>_<)
台湾KOMといい、膝痛が多いな。
年か、練習不足か。両方か^_^;
ロング練習ぜんぜんやってないから。
沖縄なんて可能性、微塵も感じない。

幸いダンシングすると痛くないので
上りはすべてダンシングで誤魔化す。

200km越えで目的地の白土屋さんに到着。
お客さんが次から次へと。
小さな町の洋菓子屋さんに。
平日の昼間から(;゚д゚) 
みんな、仕事どうした?
自分もだけど

いわき駅。220km。

え?もちろん、帰りは輪行ですよ。
だって、シュークリームデカいし💧
早く食べたいけど、奥さんにも食べてもらいたいので
とりあえず電車で大事に持って帰る。

帰宅後、開封。
デカい(´▽`)ノ

半分でお腹一杯。
明日食べよう。
2017-11-17(Fri)
 

微妙なめまい

どうも数日前からめまいが出てる。
特に寝るとき。立った状態から横になると顕著。
傾向としては眠りが浅い日が続くとめまいが出やすい。
今は軽いので早め早めでしっかり寝ておこう。

しかし、寒くなってきたな。
嫌な季節だ、冬は。
まだ11月かよと思う。
あと4ヵ月は寒い中、過ごさなきゃならない。
冬は長い・・・。
2017-11-16(Thu)
 

ZWIFT ON TOUR 2017 TOKYO,JAPAN

ZWIFT ON TOUR 2017 TOKYO,JAPAN
ZWIFTのイベントがあったのかな?
1周しかしないというので、高強度が予想されるレース。

この時間帯にしては参加者多め。
ほとんど日本人でした。

時間が短いのガンガン上げて行き、
最後は4人でスプリントになったが
毎度おなじみの指定席に落ち着く。。。

4位 12分36秒 283w

リアルなレースでも感じるけど、L4で走ってるときは
他の人より余裕があるかもと感じることが多いけど、
それ以上の領域になるとまるで話にならない。
L5からスプリントって思っても、出力変わらないし(´д⊂)

遅れなきゃ勝てるというのと、
早く行かなければ負けるというのでは
見ている世界が全然違う。
2017-11-15(Wed)
 

眠気脱出

もうどうにもならない眠気に苦しんだ2日間。
食べ過ぎないように、ちゃんと運動もして、しっかり寝た。
お蔭さまで今日は眠気はなくなった。
ようやく普通の生活に戻る。

自転車情報は、沖縄一色な感じ。
僕には遠い世界。
沖縄に行くことはあるかな?
たぶん、無い気がしている。

沖縄を目指している人は犠牲も多いんだろうな。
長時間乗り込まないといけない。
これはなかなか大変だ。
その分、やりきった時の達成感も半端じゃないんだろう。
2017-11-14(Tue)
 

200w 60分

ローラー。200wを60分。
苦しくもないけど楽でもない強度。
これが3~4時間出来るようになればいい。

来年はハワイと台湾をメインレースとしたい。
知らない土地で知らないライダーと
ガチンコバトルするのはワクワクする。

馬鹿かもしれないけど、
そのワクワクドキドキが止められない。

最終的にはフランスへたどり着くのだろうか(笑)
2017-11-13(Mon)
 

江戸川トレ

朝から病的な眠さ。分からん。
あまりにひどいので二度寝。
リズムが崩れているのかと思い、
ぐ~たらしらたイカンと外に走りに行く。

江戸川サイクリングロード。
そこそこのペースで走ってる人がいたので
ついて行くが、なかなかきついペース。
オフにこのペースは堪えます。

今日は天気がいい。
20171112224109712.jpg
帰りは流して帰宅。
2017-11-12(Sun)
 

年末旅行

年末はどうしようかな。
何もしないのもあれだし、
休みはあっという間に終わっちゃう。

とりあえず、旅行の予定は立てて
ホテルだけはおさえておこう。
これで年末年始寝て終わったって
ことにはならないぞ( ^^)
2017-11-11(Sat)
 

サンボルトでジャージをつくる ~その1~

2018年シーズン用にジャージをつくることにしました。
前回はチャンピオンシステムで作成。
2シーズン着て、色落ちや劣化が目立ってきました。
それとレース用ワンピースにはバックポケットがないので、
台湾KOMなどの補給食を持っていくレースで問題があり、
バックポケットのあるワンピが欲しいと思っていました。
そんなわけもあり、新ジャージ作成に踏み切りました。

今回はサンボルトで作ってもらうことにしました。
事実上、一択です。サンボルトにした理由は。。。

1 ホビーのトップ選手が使って結果を出していること。
20170827233622363.jpg
今年の乗鞍。僕以外はみんなサンボルト製のジャージでした。
ここまで来ると単なる偶然とは言えないメリットがあるんだろう。
僕もそれを着てみたい。

乗鞍表彰台メンバーは全員、サンボルトからサポートを受けていると思います。
本人に直接確認したわけでもないので、違うかもしれませんが。
元々、速い選手は何を着ようが速いのは当たり前。
表彰台独占しちゃうのも、そういう選手にサポートしているから。
そんな見方をする人は多いと思います。ま、僕もそうです。そう思います。

でも、サンボルト代表の橋本さんはそれは本意ではないと言っていました。
たぶん、それは狙ってそうなったのではなく、良いジャージづくりに邁進してきた
結果として、今そのような状況につながったに過ぎない。
そういうことを言いたかったのだと思います。

現場の選手の声を聞くため、会場に足を運ぶ。
選手の意見を行く。新製品の開発をする。選手に試してもらう。
そういうことをして、選手とつながりが出来、自然とサポートに繋がる。
強い選手がサンボルトを着て、結果を出す。
それを見た他の強い選手がサンボルトを着る。
その輪が大きくなってそうなった。そう言うことなんだと思います。

そして、何より森本さんも矢部さんもサンボルトを使い続けている。
ダメな製品なら使い続けないだろう。誰だって、勝ちたい。
気にいらないジャージを使い続けるほど、無駄な時間はない。
サポート選手の誰もがサンボルトを絶賛する。
サポート受ければ本音は言えないので、褒めるしかない。
それは当然のこととしてあるはず。
でも、嘘はつき続けることは出来ない。
良いジャージを着たい、速くなりたい。そこに嘘はつけない。
何年も使い続けている事実こそがその製品の良さを物語っている。
僕はそう思っています。だから、サンボルトのジャージは本物なんだろう。

2 ワンピースが軽量であること。
PROfitライトワンピースはMサイズで230gと超軽量です。
クライマーならこの数値を見ただけでやられますね(笑)
何事も軽いに越したことはありません。
それ以前に他社は重量は公表してないですね。
重量が書いてあるのを見た記憶がありません。
そこでは勝負したくないのかと勘ぐってしまいます。
ちなみにチャンピオンシステムはXSサイズで実測241gでした。

3 コストパフォーマンスが飛び抜けていいこと。
1、2ときて、それだけ優れたものならば、高いんだろう。
普通はそう思うが、なぜか安い(;゜0゜)
他のメーカーと比較すると分るが恐ろしく安い。
例えば僕が欲しいプロも使用するレースに特化した
長袖ワンピースの価格はこんな感じ。
・サンボルト 16,000円
・パールイズミ 24,300円
・チャンピオンシステム 26,000円
・WAVE ONE 20,000円
条件は各社異なるので純粋に比較することは出来ないけど
それでも圧倒的に安い。驚異的。

そして、最終的には。
サンボルト代表の橋本さんには
台湾KOMや武嶺盃でいろいろお世話になったこと。
これが決め手と言い切っていいですね(^∇^)
人と人のつながりは何事にも代えがたいです。
『縁』。自転車を始めてから特にそれを感じます。

さてさて、これからジャージを作っていくことになるわけですが
完成目標は2~3月ぐらいでしょうか?
春からはニュージャージで走りに行けるようにしておきたい。
そんなイメージでいます。
作成に2カ月かかる(通常45~70日)とすれば、
年内には正式に発注依頼をする必要がありそうです。

まずはサンボルトのホームページから事前登録。
そこからメールを通じて、デザインを決めていく感じ。
今回は亀風ジャージのデザインはそのままで行きたいので、
前回ジャージを作った時のデザイン画像を送りました。
すると、たった一日でサンボルト仕様でデザインしてくれました。
20171110225426568.jpg
20171110225446539.jpg
このレスポンスの早さ、大事。
自分的には好きですね。仕事速い人ヽ(´∀`)ノ
普段でも自分からいつまでにやりますと言っておきながら
期限になっても何も連絡もなく、平気で遅れる人いますからね
予測は上回る早さで回答来ると嬉しいですし、信頼できますね。

と、現時点はここまで。
この後は、今のジャージの色合いを確認してもらうため、
ジャージ現物をサンボルトに送る予定。
12月にはチームでサイズ合わせの試着会をします。
そんなところ。
2017-11-10(Fri)
 

ASIA THURSDAY RACE

ZWIFTのレース。
ASIA THURSDAY RACE

あれ?
ヴァーチャルなレースにリアルな知り合いの方らしき方が…。
や、やりにくい(T_T)
だって、仮想空間でも負けたくないじゃないですか(笑)

いくら負けたくなくても、怠けた足ではまともに戦えないので
完全に集団最後尾でヒラヒラ走りを決め込む(/∀\*)
でも、このヒラヒラ走りにもテクニックが必要で、のほほんと走っていると
意味もなく中切れしてくれる人が必ずいるので要注意。
ZWIFTの場合、中切れした後に集団復帰するのは至難の業。
マッチ2~3本燃やさないと追いつけないので油断大敵。

早め早めで中切れの危険性を摘みつつ、後半戦へ。
あまり積極的に仕掛ける選手もいないのでそんなに余裕もないのかと
単発的に様子見アタックを仕掛けるもそんなに反応してこない。
1人ではとても逃げ切れる足はないので即、集団に回収される。

最終回でも結構人数多めで勝ち目はないかと思ったら、
最後は上りゴールでみんなタレてきたところをごっちゃんゴール。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
ロードレースは経験だよ、経験!
と一回もリアルロードレース走ったことない僕が言う。
勝った自分が一番この結果にビックリしている。
2017-11-09(Thu)
 

誕生日会

亀風会。
オルテガさんと僕の誕生日会。
たくさんプレゼントもらっちゃいました\(^o^)/

サンホセさんのチョイス。
チームジャージに合うアイテム。
ルコック攻め。




ありがとうございますo(^o^)o
2017-11-08(Wed)
 

ZWIFT

今日もZWIFT。
レースではなく、グループライド。
強度が低い。やっぱりレースのほうがいい。
周りが突然スプリントし始める。
ルール見ていなかったので、よくわからん。
それなりに合わせながら終了。
60分は走れたので良しとしよう。
2017-11-07(Tue)
 

沖縄にエブセン選手だと(゚д゚)

沖縄のスタートリストが発表された。
なんと210kmにジョン・エブセン選手。
昨日、サイクルモードで一緒に写真撮ってもらった方。

台湾KOMでニバリ選手、プジョル選手に次いで3位に入ったスーパークライマー。
登坂力では敵う日本人ホビーレーサーはいない。
普通に考えて、日本人選手にとってはヤバすぎる相手Σ(´Д`*)

4年前も直前の台湾KOMで2位と活躍した香港の
ヤン・イン・ホン選手に沖縄を持ってかれたことがあった。
ちなみにその時、台湾KOM優勝していたのがエブセン選手。

沖縄狙ってる選手からしたら、なんで来るんだって感じかもしれないけど、
一ロード―レースファンからしたら、俄然沖縄が面白くなってきた。
はたして誰が勝つのか。

今日はローラー。ズイフト。
20171106234951565.jpg
初山選手に習って、カテゴリーBで(笑)
久しぶりにやったら気分が悪くなる・・・。
衰えるのは早い。
2017-11-06(Mon)
 

サイクルモード

トオル君と今日はサイクルモードに行ってきました。

会場に着いて、ブースを出しているという林さんから
招待チケットを譲っていただきました。
ありがとうございます(´▽`)ノ

金曜日に森本さんがいたというヨネックスのブース。

森本さんはすでに和歌山に行ってしまったらしく、
残念ながら今日はお会い出来ず。残念。

ピナレロは安定のフルーム推し。

この後、フルーム来るらしい。
昨日、生フルーム見てるから、今日はいいか^_^;

ローラーとかトレーニング機材が気になる。
人生初の3本(4本)ローラー。

おうおう(;゚д゚) ちょっと難しい。
お兄さんに教えてもらって走れるように。
グロータックのローラー良かったな。

弱虫ペダルの渡辺先生。


台湾KOM 3位 ジョン・エブセン選手。


カブトの170gヘルメットもチェック。
良いこと聞いた(´▽`)ノ

いや~、充実した1日だったo(^o^)o
2017-11-05(Sun)
 

さいたまクリテリウム

青森から遊びに来ているトオル君と
さいたま新都心で待ち合わせ。

行ってきました、さいたまクリテリウム!

観客が多くて、いい場所が確保出来ない。

これだけの人がサイクルロードレースに興味を示してくれるのは嬉しい。
10年、20年と続けて定着させてほしい。

表彰式。出待ちの選手たち。

ステージ裏から見る(笑)
寒いので選手みんな毛布にくるまってたのが面白かった。

世界のトップ選手を間近で見られることに感謝。
埼玉県民でよかったヾ(o´∀`o)ノ
2017-11-04(Sat)
 

グループライド

ZWIFTのグループライド。
90分。そこそこの強度。

最終的には110分くらい走れた。
今は次のステージに移行しやすいように
火種だけは消さないようにするイメージ。
2017-11-03(Fri)
 

放置

やらなきゃいけないことがあるのにやる気が湧かない。
期限のあることなので、早くやんなきゃと思いながら放置。

あれ、ちょっと疲れてるのかな。
気持ち的に。モチベーションなし。
そして、練習もなし。

シーズンが終わって、スイッチが切れてしまった。
やる気がない。それに尽きる。

台湾KOMのときの自分と普段仕事をしているときの自分は
はたして同じ人間なんだろうかと思ったりする。
あまりにも違いすぎて(笑)

山の神様も冬はほとんど乗らない的な話を聞いたことがある。
たぶん、体の休養以上にモチベーションを蓄える意味があるんだろう。
絶対に勝たなければならないプレッシャーと戦うのは消耗度が違うはず。

何をするにもそうだけど、現状より上を目指すことは大変。
フィジカル強くても、メンタルが弱ければ、大成しない。
何気ないことだけど続けていくのは本当に大変なことだと思う。
ほとんどの人は3年も経てばやめていく。
3年前より今のほうがやる気に満ち溢れてますなんて人に会ったことがない。

僕は自転車を始めてから10年が超えた。
その間、多くの知り合いが自転車から卒業していった。
それはやっぱり寂しいことであり、少なからず心が傷つくので、
最近は3年後は卒業して当たり前と予防線を張るようにしている。

強くなることより続けるほうが難しい。
自分がやってみて、そう思うようになってきた。
イチローも続けることに価値を置いている選手に見える。
続けて行くことに重要な何かが隠されているんだろう。

何が言いたいかっていえば、ああ、続けるって大変なんだなって(*´_ゝ`)
長くやればいいってもんじゃないと簡単に片づけてしまう人もいるけど、
長くやるって言うのは本当に大変なんだと僕は思う。

大会によっては最多参加回数の人が表彰されたりするけど、
ある意味、総合優勝者よりすごい人だと思う。
どれくらい凄いことかを体験してみたら分かるはず。
僕なんて同じ大会に2回ぐらい出ると飽きちゃう(笑)
一つの大会に出続けることだけ考えてみても、続けるのは難しい。

でも、あれだね。
大事なことは、続けたいと思って続いているのではなくて、
楽しいから結果的に続いているだけの話。

そう。行き着く先は。
楽しいから、おもしろいから、好きだから。それだけ(#^.^#)
2017-11-02(Thu)
 

ローラー30分

タイミング的にZWIFTレースがなくて、
L3で30分ローラーをやった。

サイクル・トゥー・ザ・サンの動画を見ながら。
よし、来年はこのレースに出るぞとヾ(・∀・)ノ
たぶん日程的には美ヶ原と被っちゃうのかな。
美ヶ原チャンピオンになるブログにしたのに、
いきなり出ないつもりって(意思が弱いw)

しかし、今行かなきゃ一生行けない気がする。
と言うより、自分史上一番強いであろう今、勝負に行きたい。
今、今行かないと後悔する。
あのとき行っていたら、どうなっていたんだろうなんて言いたくない。

この冬は3時間レースに対応できる体力を作っていこう。
やることはあまり変わらないだろうが、意識だけは作っておく。
5月に小さいレース、6月富士、そして6月末にハワイ。
7月~8月に小さいレースで乗鞍へ。
最後は台湾KOM。よく言えば武嶺盃にも行きたいけど金が…。

台湾に行って思ったけど、僕は性格的に長いレースが合ってる。
そういう意味じゃ台湾KOMなんて最高だよね。
逆に奥多摩みたいのはトラウマ。ガツンと行かれると何も出来ない。
奥多摩も台湾も岩島さんと一緒に走ってるんだよね。
僕からしたら別の人と戦ってるみたいな感覚。
自転車っておもしろい。
コースによって、結果が全然変わっちゃうんだから。
というわけで、2018年は長距離クライマー的な方向で頑張っていきたい!
2017-11-01(Wed)
 
プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ