fc2ブログ

明確な目的

目標を設定して、目的を持って、練習しよう。
そう思った土曜日の朝。

明確な目的を持ったトレーニングを適切なタイミングで
必要最小限行い、継続的な改善を実現すること。
サイクリスト・トレーニング・バイブルに書いてあった言葉。

赤城山。


武嶺盃に向けて3000m上る。
良い練習が出来た。
スポンサーサイト



2019-08-31(Sat)
 

金曜日の疲れ

朝30分ローラー。汗の量が凄い。
体重の増加の半分以上は水分によるものじゃないかと。

乗鞍の結果とフロントディレーラーの故障からか
精神的な疲労がすごい。
19時半回って、もう考える気力がゼロになり、
仕事途中で放り投げて家に帰る(^_^;)

やっぱり朝に練習すると仕事の効率落ちる。
シャキッとすると言う人も多いけど、自分の場合、
体力ないので仕事中にバテる。
やっぱり朝練は向いてないんだろう。
2019-08-30(Fri)
 

メカトラ

ディレイラーが故障。
買え替えかもしれない。
と言う問題の前に武嶺盃間に合わないだろ。
どうすんのさ。ふて寝。
2019-08-29(Thu)
 

ZWIFTレース

帰ってきて、ローラー。ZWIFTレース。
乗鞍で高強度の耐性がついたのか、いつもより楽に感じる。
慣れって大事。
35分42秒 250w 9位

職場で「あの~、山岳大隊長って方は何ですか?」と突然聞かれて、
仕事場にはあまりに似つかわしくない単語が飛び出してきたので、
あたふたしてしまいましたΣ(゚□゚(゚□゚*)
え~と、そういえば何でしょう?
2019-08-28(Wed)
 

日常

日常の生活に戻る。
仕事に行くと甘くはないよねとばかりにドーンと仕事があって、
自転車に傾きかけてた心が現実に引き戻されて、
自転車に没頭することは無理なのだと改めて思い知らされる。

午後になると頭が痛くなってきて、どうも風邪っぽい雰囲気。
これはレース後のストレスからくるもんだろう。
まだ火曜日なのに疲れ切ってる○| ̄|_

先日、グストの雨澤選手のブログにホビーの
ヒルクライムレースに参加したと書いてあった。
あれはどこの国なのだろうか。スロベニア?
ちょっと気になるな。情報求ム。

台湾のライバルWen Chung Huang選手も雨澤選手と一緒に写っていた。
おお、彼も海外で頑張っているのかと嬉しくなった。
負けていられんよな~
2019-08-27(Tue)
 

江戸川

体のダメージが大きい。
練習とレースは別物。
練習で追い込んでも、こんな反応は出ない。

江戸川を流す。
2019-08-26(Mon)
 

マウンテンサイクリング㏌乗鞍2019

■順位 20位
■タイム 58分59秒736

昨日は22時半ごろに寝て、自然と3時15分に目が覚める。眠気はなくて、まあまあ快眠。昨年は入賞していないので、スタートの場所取りが必要になる。チャンピオンクラスは300人以上いるらしいので、やはり前の方で陣取りたい。早めに行って、前方の場所取りしようと行動開始。7時スタートなので、4時に朝ご飯。おにぎり二つとメロンパン。5時前にはホテルを出て、バイクセッティングして、試走をする。スタート地点から国民休暇村まで1本。サドルが高い気がして、2ミリ下げる。亀風応援隊と記念撮影して、いよいよ出発。
20190826075630197.jpg

下山時に森本さんとスライド。アップをもう少ししたいけど、整列もそろそろ始まるかと兼ね合いが難しいが整列優先。2列目をゲット。チャンピオンクラスだけバイク並べるのが早い。
20190826075855294.jpg

変態クライマーさんやY澤さんと雑談して過ごす。始めのうちは寒くて心配だったが日差しが出てくると暖かくなってきて、寒さの問題なくなった。ジャージはサンボルトのクライマースーツ。軽くて、着心地が良くて最高。「何も着ていないかのよう」とキャッチコピーで聞くことがあるけど、これはまさにそこに近づいてきた1枚。さすがに着ている感はありますが、その中でも何も着ていない状態に近くなってきている。サンボルトの橋本社長もスタート地点に来ていて、クライマースーツの素晴らしさのお礼を直接お伝えできてよかった。
20190826080021657.jpg

1時間もスタート待つのはくたびれるかと思ったが、思いのほか知り合いの方にお会いできて、あっという間。台湾からの招待選手のワン・インチー選手からも声をかけていただき、意外に台湾でも知られる存在になってきたのか?!(*´v`) スタート整列で隣になった渡辺選手がご家族連れてきていたので、子育てしながら如何に練習時間を確保するかとアドバイスを聞きながら、いよいよスタート時間1分前。美ヶ原でクリートキャッチに失敗したので、そこだけが気がかりだったが、落ち着いてやったら一発で成功。ちょっとしたドキドキ感を味わう。今はLOOKなのだが、やっぱりスピードプレイが好きだなと思っていたり。集団の前の方には常にいるようにしようと心がける。思っていたよりもペースが速くて、落ち着かない。前で兼松選手や田中選手が走っているのが見えた。タイプ的にいつも後方に控える二人が前を走っていたので、今日は勝負はしないのだと悟る。と同時に乗鞍からは卒業してしまったのかと寂しさも感じる。それは他人事でなく、自分の目の前にあることでもあるから。例年は緩く感じた三本滝までで足が消耗しているのがわかる。このペースで最後まではいけないだろうと気づき始めていて、今日はないなと感じる。かといって適当なところで切れる戦術も考えていないし、このまま身を任せるかと集団のペースで走る。

三本滝の給水所。ボトルは持ってないので、水を取りに行くが、受け取りに失敗し飲めず。ここで精神的にダメージを負ってしまい、前と少し間を作ってしまう。ここでも先頭のペースが速くて、追いかけるのに足を使う。そこから数分で急に踏むのが疲れてしまい、遅れ始める。そのまま10人以上に抜かれて、あっという間に置いていかれる。ほんの1分ぐらいの出来事。足の疲労度からして、レースが終わったなと感じてしまった。近くに矢部選手がいたので、そこに付かせてもらい一緒に走る。美ヶ原の時と同じ状況。あの時は寒さで足が動かなかったけど、今日は言い訳もない。単純に弱かった。美ヶ原と乗鞍の状況を見れば、単純に弱くなったということ。それは受け入れないといけない。集団に残る足もないし、根性もなかった。

糸の切れた風船のように漂うように走る。後ろからmatさんと齊藤くんに追いつかれる。matさんの息づかいを聞いて、自分の呼吸が全く乱れていないことに気づかされる。全然追い込めてない。たぶん、この中で一番フィジカル的に余裕があるのが僕だとも思ったが、一番力を出せていない選手とも言える。上げるかと思うが気持ちが3秒しか続かず、何のために上げるのか意味を見出せなかった。そのうち矢部さんや齊藤くんからも遅れ、キツイ訳でもないが遅れた。ミヤケンさんも猛然と追い上げてきて、あっさり抜かれ。もうサイクリングにしかなっていないかった。残り2キロ。亀風の皆さんが応援に来ているのに、こんな不甲斐ない走りになってしまい、申し訳ない思いで応援バス付近を通過。
20190826075743734.jpg
残り1キロ。少し前に矢部さん、その数十メートル先にミヤケンさん。この二人に負けてはいけない。言い訳がない。長年お二人は僕の目標だった。だから、ここで負けるわけにはいかない。「お前は何をしているか」背中でそう言われているような気がした。矢部さんをかわして、ミヤケンさんを追いかける。残り距離が少なくなる。ゴール前はコーンで狭まるけど、絶対に抜ける。幸い足はフレッシュだった。ゴール手前5mくらいのところでミヤケンさんを抜く。そして、ゴール。

『乗鞍チャンピオンクラス入賞への挑戦』という章があるとすれば、これで終わったかなと思った。悔し涙なのか、寂しさからなのか分からないけど、一つ終わったんだろうなとその時は思った。ミヤケンさんから声をかけられたが、感情が抑えられなくなりそうで反応できませんでした。すみません(;д;) あの後、ちゃんとお話すればよかった。今、すごい後悔してます。また、すぐどこかでお会いできると思うけど。

今年は乗鞍への気持ちがなかった。どこを目指すのか、何がしたいのか。走る意味を見出すことが最後まで出来なかった。特別なことは何もしていないし、特別な想いもなかった。普通に走れば、こんな結果になるだろうという予測がそのまま結果になった。あっさり切れた自分に幻滅もするし、そこに思いがなくなっている自分をどう対処したらいいのかも分かっていない。
20190826080122637.jpg
13時ごろにはホテルを出発して、21時過ぎに帰宅。乗鞍は遠い。途中、お腹空いただの、おしっこしたいだの(笑) 移動だけで1日が終わってしまう。家族全員から来年は乗鞍じゃないところがいいと言われ、潮時なのかといろいろボディブローのように効いてくる。まったくもって暗いブログになってしまったが、人生こんな日もあるだろう。
2019-08-25(Sun)
 

坊主頭

4時半に起きる。体重測定48.4kg。
きっちり整えられた。

鏡を見て、気合が足らんと。
ルーティンの散髪をしていない。
バリカン持ち出して、朝5時に頭を刈る。
気持ちが高ぶったせいで坊主頭。
やり過ぎたか、38歳。
昭和時代の高校球児じゃないんだから(^_^;)

早めに出かけて、美ヶ原高原美術館。


夕方4時に乗鞍入り。
森本さんにお会いしたが、北海道のときとは
まるで別人のような雰囲気だった。
これが乗鞍なんだなと気が引き締まった。

亀風の皆さんとホテルで合流。
ご飯食べて、子どもと温泉へ。

レース前の心境。一言。怖い。
回ってくれよ、右足。
2019-08-24(Sat)
 

良い1日

朝軽く30分ローラー。
体を起動させるだけ。
足はかなり疲労を感じる。
疲れを抜いていけば走れる。

昨日のブログで早退したいとか言ったが
結局ヒヨって、しっかり定時まで働く。
テキトーに出来るようにならないとな~。
遊びや余裕がないと視野が狭くなって、
良い仕事も出来ないし、つまらん人生になる。

無理をせずに如何に課題をクリアしていけるか。
継続は力なりで、仕事もお金も自転車も同じ。

そんなことはどうでもよくて、
明日は乗鞍に行く。2週間ぶり。
旅行って感じではなく、半日常になりつつある。
そういう意味では旅の要素がないので、
ワクワク感がほぼほぼゼロ(^_^;)
レースになれば変わるだろうけど。

美ヶ原は不甲斐ない走りだっただけに、
リベンジ出来たらと思う。
2019-08-23(Fri)
 

乗鞍の準備

乗鞍の準備をする。
バイクはレース仕様にしてある。
ジャージを入れて、服も入れて、荷造り。
雨は大丈夫そうだ。

年休一日も取れてないから、明日早退したいんだよな~とか。
でも、この忙しい時期に、それに普段からもっともっと頑張れとか
言っているお前が遊びのためになに先に帰ってんだよと
自分でも思わないわけでもないわけで(*´_ゝ`)

しかも、部下に自転車やっている子がいて、乗鞍のこと知ってるから、
「ああ、あいつ今日は乗鞍のために帰ったな」とバレるな(。-_-。)
プライベートを知られていると何かとやり難い・・・。

あれ?でも今年から最低5日間は年休取得しろとかなんとか。
このペースじゃ無理じゃないと正当化しておくか(笑)
それに上司が休まないと部下が休みにくい。はず。(誰も気にしちゃいない)
2019-08-22(Thu)
 

さて乗鞍

さて、今週は乗鞍。
天気は大丈夫そうか?
山の天気はコロコロ変わるからあてにならないが、
今回は晴れそうな気がしている。
さてさて強い人は多すぎるけど、頑張っていこう。

この後は武嶺盃、蔵王、台湾KOMと距離の長いレースが続く。
少しずつ上げていこうと思う。
2019-08-21(Wed)
 

リカバリー

夏の終わりが近づいているのを感じる。
自分は暑い夏が大好きなんだけど、
この暑さがなくなるのは寂しい。
秋が来て、冬が来てって考えただけで憂鬱。

朝に30分だけローラー。
リカバリー、軽く汗を流す。
2019-08-20(Tue)
 

ローラー練習

胃の調子が悪い。
すきっ腹で走るとこうなる。
何度痛い目を見ても学習していない。
だからトレーニングは前は食べないといけない。

減量目的で走った時点でトレーニングじゃないんだよ。
レース強度に耐える体を作るんだろうが。
と自分に言い聞かせている。

胃に食べ物入れて、ローラー。
ZWIFTレース。部屋が暑い。
強度が突然上がると対応できない。
感覚的に悪くないが、良くもない。
そこそこきつい思いして終了。
2019-08-19(Mon)
 

100㎞

9時までに帰宅しなければならないので
近場の江戸川サイクリングロード。
100キロを走る。
走り終わって少し胃が痛む。

8月は毎年あっという間に過ぎ去ってしまう。
自転車に乗り込みたいと思いつつ、
その思いの半分も乗れない。

仕事と家庭と。そして、自転車と。
今回のSide by Side Radioは興味深い話が多かった。
体力の問題が一番じゃないのも何となくわかる気がしてる。
しかし、これだけ自転車に没頭している38歳もどうなのか。

なぜに奥さんは好き勝手に走らせてくれるのだろう。
僕も家庭を顧みない酷い父親だという意識は一応あるのだが、
それを自由にやらせてくれる奥さんも変わっているのかもしれない。
いや、本当に感謝しているんですが。

足りないものを探し始めたらキリがない。
でも、これ以上何を望むのだとも思う。
頑張ろう。
2019-08-18(Sun)
 

朝練

4時半に目が覚める。

今日は仕事だし、夜は飲み会なので、

朝のうちにローラー練習60分。



時間の合うZWIFTレースがなくて、

4周回のところ3周回を先頭に集団で走って離脱。



最近、右足の感覚が悪くて、足がうまく回せない。

波がある。この辺の法則を見つけ出したい。



ニセコヒルクライム拾いもの。

先頭追いかけて、アタックする手前かな?
2019-08-17(Sat)
 

お盆休みはない

今週はお盆休みもなく、普通の平日で仕事。
なぜか明日も仕事。
この時期は交通量が少なくて助かる。
土日のような静けさ。悪くないね。

ちと疲れを感じる。
早く寝てしまうか。
猛烈に体が怠くて、気持ち悪い。
2019-08-16(Fri)
 

今日もZWIFT

今日もZWIFTレース。
右足がうまくペダリング出来ない問題。
20190816000110745.jpg
33分00秒 233w 169bpm

昨日よりは踏めた気がした。
踏めばパワー出てる感じはあったかな。
2019-08-15(Thu)
 

パワータップ復活

ダメ元でパワータップの電池を入れ替えたら、復活したヾ(o´∀`o)ノ
よかった、よかった!!
パワーメーターがないとやる気が起きないから。

ZWIFTレース。
20190814232554753.jpg
36分04秒 236w 159bpm
ポジションいじったら、パワー出なかった。

レース後にもう一度ポジションをいじると踏めた。
これはいいかもと行けそうな気がする。
明日になったら、そんなことなかったことになるかもだけど。

今年の乗鞍は「特別感」がない。
やる気がないという表現が正しいとは思わないが、
どうしても何とかしたいみたいなものが全然ない。

北海道に家族を連れて行って思ったのは、
結局レースもいいけど、知らない土地に旅行に行って、
家族がいて、遊んで、おいしいもの食べて、
そのついでにレースもあったら尚よくて、
成績もよかったら最高じゃんみたいなところにいる。

昔だったら極力レース以外の煩わしいことは排除したくて、
自分のタイミングでご飯を食べたいし、すべてレースから逆算して
行動していかないと気が済まなかったが、今はそれはなくなった。
ガツガツ感がなくなったことで寂しさも感じることもあるけど、
そういう心境の変化を人は成長と言うのだろうし、これはこれで
いいんじゃないだろうかと、一丁前にオッサンみたいなことを考える。

そんなわけで今年の乗鞍は牙を磨ぐどころはすべて抜け落ちてしまって
どこまで悲惨な結果になるだろうかと怖くもある。
来年の乗鞍は出てないかもしれんな~とか思いつつ、
今年はひたすら平常心でやっていくだけだなと思ってます。
2019-08-14(Wed)
 

今度はパワータップが使えない

昨日はリアディレイラーの不具合が発生したが、
今日はパワータップのデータが拾えない。
長い間使い続けて、全く故障もなく、
優秀極まりないパワータップがついに故障か?
電池は入れ替えたばかりだし。

乗鞍、標高、気温差、雨、湿度、そんなことが
影響しちゃっているのか。
いずれにしても困ったな~。
2019-08-13(Tue)
 

後輩ライド

会社の後輩と江戸川でサイクリング。
あまり乗っていないとのことで軽め。
8時半に野田橋で関宿城まで。

奇跡的に今日は涼しくて、良かった\(^o^)/

ところでe-TAPのリアディレイラーが故障。
突然、全く反応しなくなり、トップ固定。
幸いインナートップでちょうど良い速さで
助かったのだが、あれ?このままだと乗鞍が…。
機材トラブルでDNSも脳裏に浮かぶ(*_*;

午後一でバイクファクトリースズキ草加店へ。
お店にあったリアメカと交換してくれて、
まさかのあっさり終了。

2週間くらいはロードバイク乗れないかも
と覚悟していただけに本当に助かりました。
神対応だったな~。

2019-08-12(Mon)
 

乗鞍練習

大月駅まで輪行して富士山に行こうと
5時過ぎに家を出たわけだけど、
なぜだか気が変わって、着いたのが松本。


ここまで来たら目指すべきところは一つで
えっちらおっちら坂道を上っていく。
すでに車がたくさん走っていてトンネルが怖い。

乗鞍観光センター前。

松本からそこそこの強度で走ってきたのと
昨日の疲れもあって、もう足が残ってない。

しかし、来たからには行ってみるか。
三本滝まで良い感じで走れたけど、
中間地点以降はもうひどいもんで拷問。
精神修行にはなっただろうか。


畳平は小雨。




昨年の1位・2位の選手とスライド。
やはり勝負は始まっているのだな~。

雨で寒いし、足がないので下山。
大雨に打たれる。去年も同じだったような。
松本に帰って来ると暑い。
この暑さが懐かしく(^_-)
2019-08-11(Sun)
 

赤城山

始発電車に乗って、伊勢崎まで輪行。
寝不足で電車ではほとんど寝ていた。

8時から走り始める。
もうすでに暑い。
旧道が通行止めらしいので新道。
しかし、暑い。
20190810160935188.jpg
時間の都合で一本で帰る。
2019-08-10(Sat)
 

ずいふと

日常に戻そう。コツコツ、ローラー。
今、一番気をつけていることは、続けることができることをすること。
細々でもいいから、続けていくこと。

20190810005921649.jpg
5日ぶりに走ると、こんなんでも足がプルプル言う。
それだけ衰えるのは早いってこと。
続けることは大事ってこと。
2019-08-09(Fri)
 

反省

ひどい生活になっている。
まるでやる気がないし、帰ってきてからも
お菓子を食べて、床でそのまま寝ている。
そろそろ止めないとホントにダメ人間になる。

闘争心がない。
向上心がない。
嫌なことを避けている。

効率よく立ち回ることも必要だけど、
いつの間にか楽しようとしている自分がいる。
もっとリスクを負って勝負に出ないと。
惰性で生きてるだけじゃ意味がない。

過去を振り返って楽しかったと言い始めたら終わり。
今日、明日、もっと楽しいことしていかないと成長はない。
自分に喝入れていかないと。
がんばれよ、お前!
2019-08-08(Thu)
 

松本ヒルクライムポスター

今日は亀風会。
今日も到着が遅れてしまう。
内祝いにいただく。

自分の食欲が強すぎて、怖い。
バクバク食べてしまって止められない。
そろそろ止めないと。

ぶぶさんがわざわざ問い合わせてくれて、
松本ヒルクライムのポスターを
入手してくれました\(^o^)/
記念になりますね!

2019-08-07(Wed)
 

心のリハビリ

北海道旅行が楽しかっただけに仕事が辛い(笑)
自転車に関してもトレーニングという気が湧かず。
体以上に心の回復力も落ちてきている。

3週間で乗鞍。
その2週間後に武嶺盃。
あまり休んでいる暇はないのだな~
2019-08-06(Tue)
 

北海道旅行最終日

昨日はルスツリゾートに宿泊。
初めて来たホテルだったが、子どもが喜ぶ仕掛けたくさん。
入った瞬間にメリーゴーランドとか。


大興奮で鼻血が出る長男に、ベッドを飛び回る次男σ(^_^;
夕食のバイキングも豪勢。




昨日泊まった秘境の温泉旅館にカルチャーショックを
受けていただけに、そのギャップも良かったようで。
相変わらず温泉に入るのが好きで、
この日も2カ所のお風呂に行く。

温泉から帰って来ると花火。
ザ・夏休み。


今日は飛行機が11時半発だったので、
6時半にはご飯を食べて、7時半にチェックアウト。
9時に千歳に帰ってきて、無事に飛行機場に到着。

昨日の表彰式で着せた亀風ジャージを気に入ってしまい、
今日も相変わらず着ている次男。
ドライで涼しい生地だから、それはそれでいいか。


楽しかった北海道旅行もこれで終わり。
子ども達にも喜んでもらえたようで、
次男は帰りたくないと泣いていた(笑)
また、来よう。

レースは満足出来る結果とは言えなかったけど、
これはこれで最高の夏休みだったし、
あくまでも自転車は動機の一つ。
勝負に対するモチベーションは少なくなってきたが
バランス的にはこれぐらいがいい加減かなとも思う。
明日からは仕事を頑張ろう。

2019-08-05(Mon)
 

ニセコHANAZONOヒルクライム

■タイム 31分39秒183
■順位 S2クラス優勝(総合2位)

朝4時に起床。レーススタートが10時半なので早く起きる必要がないが習慣みたいなもの。温泉に入って、バイクチェックして、朝ご飯。サラダ、納豆巻き、おにぎり。すでに外は暑い。これは厳しいことになりそうな予感。ウェアはサンボルトのクライマースーツを選択。レースで使うのは初めて。着心地は良くて、生地が薄くて涼しい。今日のような暑いレースにはうってつけ。8時半に旅館を出発。実は泊まっていた旅館がほぼほぼゴール地点と言う立地。つまりスタート地点に行くためにコース逆走して向かう。サドル高がしっくり来ず、2回ほどイジる。

30分くらいでスタート地点に到着。出走サインをして、荷物を預けて、スタートを待つ。入賞者はバイク計測もあるらしいと言うので会場にあった秤で量ったら6.88kg。OK!問題なし。今回のクラスはエリートでなく、その下のS2クラス。エリートは登録選手に限られる。同時刻スタートとはいえ、パレードでエリートクラスを抜いてはいけないらしく、何とも残念なクラス分け。ちなみに全クラスネットタイム方式。目標としては総合優勝。チェックしていたのは招待選手の森本さん、台湾クライマー(元プロ)のワンインチー選手。昨年クラス優勝して、エリートに昇格した矢野選手と増田選手が脅威。特に増田選手は高校生ながら自分が持っていた岩木山のレコードを更新してきて、純粋な登坂能力も相当あり、勢い的にも優勝候補最有力とみていた。森本さんは乗鞍以外はあまり狙ってこないイメージがあったので、流してくれたらいいなと他力本願(^_^; たぶん僕が参戦してることも気づいてないだろうから、こっそり後付けていこうとセコい気持ちでいたら、会場で見つかってしまう(笑) 本人にやる気を確認すると「本気で走るよ」と力強いお言葉。乗鞍前だし、去年優勝してるし、手加減なしか~とσ(^_^; 仕方がない、自分で頑張って走るしかない。

エリートクラスが整列して、その後ろにS2クラス。同時刻にスタートで、数キロパレードラン。増田選手、矢野選手を見つけることが出来ず、やや不安な気持ちでスタート。コースは14キロ。序盤が緩くて、中盤やや緩い、後半は普通、そんなイメージ。つまり、あまり勝負どころはなく、9~12キロあたりが唯一のポイントかなと分析。計測地点を通過して、先頭目指して追いかける。前はそれほどスピードは出ていなくて、比較的簡単に追いつく。作戦的には9キロまでは先頭に出ないで、9キロ地点でアタックして、後は全力。そんなイメージで序盤は後ろでぬくぬく。あまり記憶残らないまま、前半終了。

中盤で少し後ろに下がっているときに、2人が抜け出す。そのうちの1人が王選手。もう一人は分からなかった。行きたい気持ちはあったが、前に選手がいて塞がれていけない。追いかけなきゃ思いつつも集団内はどうにも出来ず、まんまと逃げを決められる。これが意外にもスルスル差が開き、あれ?ヤバくないかという距離。森本さんがいたので、そこを頼りに走る。前の2人はクラス別なので(たぶん)、エリートクラスの人が追いかけるだろうと静観。森本さんが集団を牽引する時間は多いが、差が縮まらない。前の姿がどんどん小さくなって、残り距離少なくなってくる。メイン集団はそこそこ人数が残っていたように思うけど、前を引く人は限定されていたので追いつけないかもしれない。

残り5キロ地点。自分的にはもう自力で行かないと行けない場所。とにかく逃げを捕まえるため、アタック。これに付いてきてのは1人。矢野選手。2人で先頭を追いかける。ここで森本さんが脱落したことで矢野選手がビックリした声をあげていた。先頭との差が急に縮まる。向こうも追いつかれるのは想定しているのか、しきりに後方を確認している。何とか先頭に追いつく。振り出しに戻す。が、追いつくために結構消耗していて、明らかにプランと異なる展開。「増田君だよね」と声をかける。「そうです」と。初めてこのレースで増田選手の存在を確認。このレースで逃げるとはな、並の高校生じゃない。矢野選手がゴリゴリ踏む。「重いギア踏んでるな~」と増田選手が嬉しそうにつぶやく。ポイントになる11キロ地点の急坂。唯一の勝負どころ。ここで増田選手、矢野選手と上がっていく。しかし、僕はと言えば、踏めずに遅れをとる。王選手にしがみつき、苦しい状況。背の高い王選手の後ろにいると楽というのもあって、もう着いて行くだけ。矢野選手が落ちてくる。増田選手が独走。二位争いが3人。そのままラスト1キロ。こうなると二位グループは牽制入って、増田選手との差が広がり、勝負あり。矢野選手、王選手、僕の順にスプリント勝負。残り300で王選手がスプリント開始、僕も続くが離される。王選手、僕、矢野選手の順にゴール。

ゴールのところで家族が応援に来ているのが見えた。1番目にゴールする姿見せたかったな。ちょっぴり残念。しかし、増田選手強かった。またやっても勝てる気がしないな。水とスポーツドリンクとガリガリ君をもらう。今日は暑い。暑いとリミットまで追い込めず、ブロックされてしまう。リミッター制御装置は年を追うごとに高性能になってきている。スポーツ選手としては、いいことなのか、どうなのか。

ゴール地点で記念撮影。
台湾から来た王選手。


森本さん。今日は調子が悪かったそう。


旅館に戻って車で下山。高橋牧場でアイスとピザを食べる。


まるで北海道のような景色(笑)


じゃが祭り会場で表彰式。次男と一緒に。
S2クラス優勝!タイム的にも王選手より早く、総合的には2番目のタイム。ヘルメットもらったヽ(^o^)丿


気が付いたらあっという間にレースは終わってしまった印象。一つ言えることは北海道最高!
次は乗鞍だ。頑張っていこう。

2019-08-04(Sun)
 

15年目

朝の5時から自転車。
登別温泉の周辺を走る。








最高すぎるな、北海道は。
こんな気持ちよいサイクリングはなかなかない。

今日から結婚15年目に突入。
結婚式を挙げたのも実は北海道。
それ以来の登別温泉。
あれから色々あったな~。
感慨深い(´ー`)

登別観光。






洞爺湖。


今日のお宿。




よし、やるぞ!
2019-08-03(Sat)
 

夏休み旅行

8月、夏休み。家族旅行。
電車で出発。なんか大きい荷物あるσ(^_^;

デカイ荷物があると電車混まないかヒヤヒヤしたが
幸い平日の昼間もあって空いていてラッキー。

次男にとっては初めての飛行機。

本人が言うには夢の中で飛行機乗ったことあるそうで…。
混雑のため、出発時間が遅れる。

新千歳空港着いたのは18時半。
レンタカーで登別温泉まで移動。
ホテル着いたらチェックインもしないで、
レストランに連れて行かれ、夕飯。
もう片付け途中の状態。
間に合って良かった!
子ども達は蟹をたらふく食べていた(笑)

それから温泉へ。
広い温泉だった。
滑り台もなぜかあるし。
子ども達も大満足。

そんな移動だけで終わった日。
飛行機は何だかんだで時間かかる。
やっぱり夕方出発はスケジュール失敗?
安いチケット狙ってきたので仕方なしか。
安いには安い理由があるわけで。
おかげで旅行が1日長く出来たから良しだろう。
2019-08-02(Fri)
 
プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ