fc2ブログ

緩斜面対策

急斜面から緩斜面に変わったとき、自分は遅くなる。体がついてこない。
緩斜面になれば負荷は軽くなる。当然にペダルも軽くなる。でも、出力が落ちてしまう。

出力を維持するにはケイデンスを上げるか、ギアをかけて踏んでいくかのどちらか。
でもケイデンスを上げるとすぐいっぱいいっぱいになって辛い。
かと言って、ギアを重くするとそれもそれで全然踏めずにキツイ。
一定の負荷が変化したとき、すぐに体が順応しない。
練習して克服するしかないだろう。

急斜面を少し踏んだ(270W:1分)後に、緩斜面に入り負荷が下がったところで(ギアを軽くする)
出力が下がりすぎないように一定に保つ(245W:1分30秒)練習。

メニュー (270W:1分-245W:1分30秒)×8=255W:20分 2セット
1本目 258W 4.96倍 
2本目 259W 4.98倍


通常なら245W維持なんて少し余裕を感じるレベルではあるが、
270Wで踏んだ後に245Wを維持するのはきつかった。
気を抜かずに頑張ってこがないと出力が維持できない。
やっぱりここが弱いんだな~。

自己流のこのトレーニングがはたして効果的かは分からないけど、山を実走するの機会はないので
与えられた条件の中で自分で考えてやっていくしかないだろう。

最近、息子が仮面ライダーと並んでハマっているもの。

こびと。
こびとって何だと思うが、この世の中にはいろんな種類のこびとが生息していて、
まるで昆虫図鑑のように、こびとの習性とか捕まえ方・飼い方を大真面目に説明してくれている。
そのクオリティーの高さに、大の大人でも見入ってしまう面白さ

■走行距離 28キロ  ■体重 52.0キロ
スポンサーサイト



2013-01-27(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ