fc2ブログ

JCA全日本ヒルクライムシリーズ戦(2戦終了時)

今年は「JCA全日本ヒルクライムシリーズ戦」に参戦しています。

シリーズ戦とは、美ヶ原・鳥海山・乗鞍の3戦すべて参加した者を対象に、
各レースの総合順位がポイントとなり、そのポイントの合計が一番少ない者が
シリーズ戦の優勝者となります。

栄えある優勝者にはトロフィーやチャンピオンジャージの他に、
台湾で開催される「TAIWAN KOM CHALLENGE」に招待されます。

そもそもは僕はこのタイトルが欲しくてエントリーしたわけではなく、
乗鞍の抽選を回避するため、このシリーズ戦に申し込みました。

シリーズ戦は乗鞍のエントリー前に申し込みが開始されるため、
毎年抽選となる乗鞍のエントリー峠を上らずに確実に
乗鞍の出場権をゲットできるというメリットがあります。

しかし、考えてみれば美ヶ原・鳥海山・乗鞍の総合成績を争うわけだから、
ヒルクライムのテッペンを目指す者ならばやはり欲しいタイトルであり、
これまでの優勝者も錚々たるメンバーが名を連ねています。

美ヶ原、鳥海山の2戦が終了。
僕は美ヶ原で3点、鳥海山で2点、合計5点で
現時点でまさかの単独トップ

2位は、ミヤケンさん、☆野くん、加藤君が6点で並んでいます。
5位のごと吉さんは17点ですので、事実上、表彰台の争いは
4人に絞られたといっていいでしょう。

最終戦が終わって同点の場合は、乗鞍の上位者が上位となります。
つまり、単独トップと言えどもあってない点数差です。
タイトルを獲るには3人に勝つしかありません。
分かりやすくていいです。勝てばいいんです!

他の三人の方は、どれほどこのタイトルに興味を持っているかは謎です。
が、僕は何としてでも欲しいです。絶対に獲りたいです。

正直、こんなタイトル、自分には無縁だと思ってました。
そんなもん、森さんとか、てぃーざきさんとか、よっしーさんとか
そういう強い人たちが奪い合うもんで、僕には関係ないものだと。

それがコツコツやってきたら、優勝争いをするようになってました。
ウツクシでもそう、鳥海でもそう、優勝争いの中にいました。
本当に不思議な気分です。
しかも、ただのあこがれの存在で、決して自分とは違うと思っていた
強豪クライマーさんたちとガチンコで走っていたわけで。

昔、コンドルさんがブログに誰でも速くなれる的なことを書いていたのを見て、
んなこと、あるかい!コンドルさんは元々才能があったんだよ。
と卑屈になったもんです

そんなことを思い出しました。
3人の方がこのブログを見ているとは思えませんが、
僕は乗鞍の順位以上にこのタイトルを重要視してます。

ミヤケンさん、☆野くん、加藤君。
最高の走りが出来るように頑張ります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



2015-08-21(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ