fc2ブログ

ツール・ド・美ヶ原高原自転車大会2019

■順位 チャンピオンクラス11位

■タイム 15分56秒804

昨日は21時に寝て、何度か目を覚ましつつ、3時半に起床。外は小雨。多分短縮コースでやるだろうと準備開始。20回記念大会だし、同じ松本でやった乗鞍も三本滝ゴールを経験してるから、意地でも開催するだろうと。おにぎりと納豆巻き、メロンパンを食べる。6時にHPを見ると、美鈴湖までの短縮コースでやると発表があった。ある意味、予定通り。カッパを来て、会場まで自走。なかなか降っている。最初からこの雨脚の強さなら中止だったかもなと思うほど良く降っている。アップをしても濡れて冷えるだけなのでアップはせずに雨宿り。

スタート15分前に500mだけ脚の具合を確かめるために走る。悪くないなと言ったところ。スタート地点に並んで、ウィンドブレーカーを脱いでスタートを待つ。さ、いよいよスタートかと言ったところでトラブルがあったのかスタートが5分遅れる。さ、寒い(||゜Д゜) 早く走らせてくれと全身がガタガタ震える。隣にいた梅川選手も震えていて親しみが湧いた(笑)ちなみに今の体重は47.5kg。ここに向けて絞り込んできた。が、短縮コース、雨、寒い、完全に裏目に出てるσ(^_^;

大会運営側も気を利かせて、矢部さんにインタビュー。そうこうしていると本当のスタートの時間に。雨の中の短期決戦スタート。が、クリートキャッチに手こずる。実は練習のときからクリートキャッチが上手くいかないことが多くて、練習で出来ないことは本番でも出来ず。いきなり50mほど置いて行かれる。後ろにいた方すみませんm(_ _)m このクリートは使うの止めようと誓いつつ、先頭目指してスピードアップ。最初の右折時点で先頭と20m以内になっていたか。誰か単独で飛び出していたみたいだが、誰か分からず。優勝候補のピンクジャージ加藤くんはやはり先頭付近で走っている。そこ目指して追いかけようとしたが、僕のレースはここで事実上終わった(*_*;

スタートから3分経ったかどうかぐらいだと思うが、既に脚パン。20kmのヒルクラやったんかと思うくらい脚パン。先頭に追いつくどころか、置いて行かれ、さらには中村選手、梅川選手、5人くらいにバンバン抜かれた。惨劇のレースになること必至。激坂区間に入る前に千切れおじさんで悲しみのサイクリング。昔も八ヶ岳で同じ症状出たなと思いつつ、もう何も出来ない。激坂が終わると少し脚がかかり始めて3人抜く。そして、矢部さんを捉えて前へ。後ろから付いてくるのが分かった。ここで簡単には千切らせてくれないところが矢部さんの強さなんだろうなと思う。

上り区間が終わって平坦区間。ゴールまで1キロもないか?矢部さんが前に出る。そこの後ろに付いて控えてたら、緑のマットが敷いてあるところが突然現れる。あ、あれ?今のもしかしてゴール?前にいる矢部さんも心なしか流しているように見える。あれ?マジでか、あれゴールだったのと半信半疑で惰性で流す。沿道の人が頑張れと言っているような、お疲れ様と言っているようにも思えるし。と、美鈴湖の端にゴールらしき物が見えてきた。いや、あっちがゴールかよっ(゜ロ゜;ノ)ノ

慌てて踏むがゴール狭いし、ここで無理して落車とか嫌だしと、そのままゴールをする。それにしても、いやー、盛大にやらかしたな~(´-ω-`)

自分としてはトップ3くらいに入れるように仕上げてきたつもりだったんだけど、ここまでひどい内容は全く想定してなかった…。16分弱、追い込むこともできず、ただただL4走しただけの内容。苦しさも疲れさえもなく。あぁ、落胆。結構、力入れて仕上げてきたし、調子も良かったのに、あまりに不甲斐ない走りで何だったのかと。寒いレースは魔物がいる、自分的には…。

Gパンで走った昨日の試走の方が早かったんじゃないか。負け犬の遠吠え…。もはやそんな言い訳しか思いつかない。しばらく落ち込むか(>_<) 下山した頃には晴れ間も見えて、暑くなってきて恨めしい天気。
スポンサーサイト



2019-06-30(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

フミ

Author:フミ
年齢:41歳
住まい:埼玉県
家族:奥さん・長男・次男

カウント
ブログ検索
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ